スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豹変。

「集団」に慣れていないUちゃん、3歳。

特に、1~2歳くらいのヤンチャさんが苦手で。

今日のお友だちが、4ヶ月の赤ちゃんと、

5歳のNちゃんだけだと知って、ひと安心。



Nちゃんがお姉ちゃんぶりを発揮して。

アイロンビーズを教えてくれたり、

質問攻撃に付き合ってくれたり、するので。

Uちゃんはとっても嬉しくなって。

珍しく、自分から寄っていって、

あそんでもらっていました。



ところが。

Nちゃんの態度が、急にキツくなって。

「早く、お使いに行ってきてちょうだい!」

「アイロンをかけておきなさい!」

と、命令口調。

おままごとのお母さん役だったのですが。

Uちゃんはビックリしてしまって。

ちょっと涙が。

“優しかったお姉ちゃんはどこ~?”って、

オロオロしていました。

Nちゃん、全く気付いてないし~(苦笑)


スポンサーサイト

ため池さんと沐浴。

様々な事情が重なって。

2ヶ月を迎えたばかりのKくんが、

託児ルームに通ってくることになりました。



この頃、低月齢のお子様のご利用が

増えていることもあって、これを機に、

便利な赤ちゃんグッズを揃えることに!

(今まで無かった訳ではありません…)



ほ乳びんの消毒1つとってみても、

手間が省けることの素晴らしさを実感。

可愛いおもちゃも増えて。

嬉しいです~~(笑)

派遣と派遣の合い間に、超特急で

買出しに行かれた、ため池さんに乾杯☆



Kくんの沐浴セットも揃って。

いざ、お風呂の時間。

今日一番の感動は、ため池さんの、

沐浴の神業のような手際の良さでした。

新生児センター勤務で鍛えられたそうで。

すごい。。。(これでは宣伝?身内自慢??)



Kくん、とっても気持ち良さそうでした♪


派遣週間。

ついに、今週がやって来ました…。

またもや怒涛の派遣週間。



前代未聞(かも知れない)の派遣依頼の多さに、

1件くらい、忘れてしまいそうです(汗)



スタッフは、それぞれ、忙しい1週間になる予定。

頑張ります~!!!

影響力。

昨年11月の終わり。

丁度、4ヶ月になった日に、利用の始まったSちゃん。

3人きょうだいの末っ子に生まれて。

タオルさえあれば至福、という赤ちゃんでした。

色白で、ふんわりした、おっとりさんで。

よく来てくれていたのですが…



4月からは、保育園に行くことになったので、

託児ルームへは、専ら、土日にやって来ます。

他のきょうだいと一緒だと、Sちゃんも、何だか強気。

揉まれて揉まれて、ヤンチャになってきているような。

圧倒的なパワーを持った、3人きょうだいです。



今日は、4歳のお兄ちゃんと、2人でやって来て。

保育園で教えてもらうのか、お返事の「ウン!」が、

素晴らしくはっきり言えるようになっていました。

手押し車の上に立ち上がるほど、活発にもなっていて。

次は、ベビーベッドによじ登ろうと頑張っています。



お兄ちゃんのRくんも、長いお付き合い。

以前から、おもちゃを全部引っ張り出して、

グッチャグチャにするのが好きで、いつも大騒ぎ!!

(この頃は、お片付けまで責任を持ってくれるように

               なりました。助かります。。。)



この2人のパワーに押され気味だったのが、

静かにあそぶタイプの、Mちゃん・3歳と、Nちゃん・1歳。

遠巻きに、怖々、眺めていました。

とはいえ、すぐに、巻き込まれて、

みんな一緒に、テンションが上がりましたけど(笑)

託児記録から。

Tくん(小学3年生)

 小さいお友だちの面倒を、よく見てくれる。

 特に、ビー玉を口に入れないかを気にして

 見ていてくれるので、頼もしい。

 Aちゃんと、カードであそんでいる間にも、

 カードを触りに来た小さい子を、上手く相手してくれる。



Mちゃん(3歳9ヶ月)

 送迎で、親御さんと離れる時には、やはり大泣き。

 託児ルームで、お気に入りの『となりのトトロ』を

 観て、泣き止むが、子どもがいつもより多いためか、

 緊張が解けない。帰る頃になって、やっと笑顔になり、

 いつものお喋りが飛び出す。



Kちゃん(3歳3ヶ月)

 託児ルームのブランコで、立ちこぎを披露してくれる。

 「おかあさ~ん」と呼んでくれたり、「アンパンチ!」と言って、

 アンパンマンのDVDを観たがったりして、以前より

 言葉が増えてきている様子。



Sくん(1歳10ヶ月)

 来た時、ご機嫌♪ 帰る時、大ゴネ… と、green にとって

 嬉しいSくん。ボールなど丸い物が大好き(お母様談)。

 お気に入りのビー玉も、口に入れることはなく、大丈夫でした。

 連絡→夕方から、お姉ちゃんも一緒に、もう一度ご利用です。



Aちゃん(4歳8ヶ月)

 マイペースで、元気によくあそぶ。時々、怒り出しては、

 汚い言葉で大声を出すが、しつこくはない。癖になっているのか?

 大きい子とあそぶのが楽しくて、Tくんとのカードゲームを喜ぶ。

 1歳のSちゃんが眠ると、うるさくしないように、気を遣ってくれた。



Sちゃん(1歳4ヶ月)

 朝、機嫌が悪かったとのこと。お母さんと別れ際に、少しぐずる。

 お茶・お弁当のトマトなど、水分を欲しがる。頬がカサカサ。

 →普段と違うので、様子を見る。体温が上り始めたので、

   ご家族に連絡。病児サービスへ移行。機嫌は良い。



Sちゃん(8ヶ月) 初回/早めに来て授乳

 人見知りが始まったとのこと。大きな声で、よく泣く。

 お腹空いているようだが、ほ乳びんをくわえない…。

 おんぶで泣き寝入り(30分くらい)。自動スウィングの

 ラックだと泣き止み、少し笑ってくれる。延長の連絡あり。



Yちゃん(5歳2ヶ月)

 弟のSくんとは、全く別々にあそぶ。たまの利用なので、

 スタッフとあそびたがるが、夕食時で、構ってあげられず…。

 1回だけだが、カードゲームをして、少しゴキゲン戻る。

 折り紙やブランコであそび、スタッフに話し掛けてくれる。



所感 : 今日も賑やかで楽しい一日でした~。


芸達者。

珍コンビのSちゃんとHちゃん、共に1歳。

夕食の時間に、よく一緒になるので、

並んで食事をするのが、習慣になっています。

互いのお皿の中身を突付き合ったり、

頭をナデナデしたりして、楽しい食事になります。



夕食が終わると、抱っこを求めて泣き出す、Hちゃん。

その真似をするのが、Sちゃんのお気に入りで。

上手なんですよ~。

初めは、2人とも泣いていると思っていました。

満面の笑みで、声だけが泣いている、Sちゃんに、

すっかり騙されて(悔)



最近では、他の子の泣き真似もするようになって。



だから、Sちゃんの泣き声には、反応しないようにしたら。

今日は、本当に泣いていました。コケたのね。

1歳にして、『オオカミ少年』への第一歩を

                 歩ませてしまいました。。。

勘違い。

「○○のKです。」と、お電話。

S.Kくんのことだと思い込んでしまって。

お子様の名前を確認せず、予約を承りました。



当日、やって来たのは、D.Kくんで。

託児ルームは、吃驚仰天☆



何の問題もなく終了して、笑い話ですが。



お客様には、失礼な話です。

ごめんなさい!

○○には、Kという名字のご家族が

たくさん住んでおられます…あわわ。


レベルアップ。

お母さんと別れる時に、

泣かなくなった1歳のSちゃん。

バイバイもするようになって。

段々、託児ルームに馴染んできました。



と思っていた矢先。



バイバイもせず、手押し車であそび始めて。

お母さんが行ってしまうのに、知らんぷり。

ここまでくると、逆に、親御さんの方が寂しいかも?

ここまで理解。

託児ルームの土間には、ブランコがあって。

大人気ですが、危険でもあります。

特に、大きい子が、ガンガン飛ばしている時には、

小さい子が、近寄っていかないように、目を光らせます。



今日、ついに、ようやく、嬉しいことに。

1歳のSちゃんとHちゃんが、

「今、そっちに行かないで~!」と、声を掛けるだけで、

ブランコの方に行かなくなってくれたので。

とっても助かりました。

今日は、人数が多くて…。



実は、コチラの言葉を、ほとんど理解出来ている?



と、思ったら。

ブランコに近寄る素振りをして、スタッフが

声を掛けるのを楽しんでいるようで。

しかも、2人で、交互にするので。

結局、ずっと目が離せませんでした。



言葉を理解、どころか、知恵までついて。

子どもたちの笑顔は、曲者です(笑)

どこまで理解?

1歳頃になると、コチラの言葉を、どのくらい

理解しているんだろう??と気になってきます。

「通じてる!」って思う瞬間、ありませんか?



1歳4ヶ月のSちゃん。

おしゃべりも盛んで、賢い子です。

託児ルームにも馴染んでいるのですが。

変化に、敏感で。

スタッフの交代を感じ取ると、号泣です。

(すぐに泣き止みますけど)



だから、スタッフは、そーっと

ルームを抜け出したりしていたのですが、

やっぱり、気付かれてしまうので。



「Hちゃんのお迎えに行ってきます。

 すぐに戻ってくるから、待っててね。」

と、しっかり説明することにしました。

そうしたら、Sちゃんが頷いて。

手を振りながら、見送ってくれて。

ホントに、機嫌良く、待っていてくれたのです。

ちゃんと伝わっているのですね。



親御さんにも、そろっと出て行ってもらったりせずに、

泣いても良いから、「迎えに来るまで、待っててね。」と

しっかりお別れしてもらう方が、良いのかも知れません。

でも、泣かれると辛いので、一概には、言えません。

解かっていても、泣きたい時は、泣きます。。。


検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。