スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お楽しみ会に寄せて。

28日は、お楽しみ会。

新規のお客様向けの見学会ではなく、

ご利用いただいている方々のためのイベント。

green設立以来の試みだ。



ことの始まりは、昔とった杵柄。



平日に来てくれている、お母さん保育士が、

全員、人形劇サークル出身だった。



家事・育児、仕事の合間を縫って準備し、

子どもたちに人形劇を見せてあげたい

と言ってくれた。



昔話には花が咲き。

気分はどんどん盛り上がり。

そんなわけで、せっかくなので、

「お楽しみ会」を開催する運びとなった。



greenには異色のイベントかも。



保育魂の渦に巻き込まれた、

ため池さんの心中は、如何ばかり?!



楽しみにしてくださっている皆様、

本当にありがとうございます。



ささやかながら日頃の感謝を込めて。。

只今、準備中。
スポンサーサイト

再会。

1年程前に遠方に引っ越して、

もう会えないと思っていたNちゃんが、

突然のご利用。

身体も大きくなって、言葉もしっかりして。

託児ルームのことを覚えていてくれて。

更に、弟さんが生まれたという、嬉しい再会。



一時預かりのサガで。

ある時、フッと、ご利用がなくなったり、

一度きりのご利用だったりは、日常茶飯事ですが。

慣れるも何も、ないのですが。



やっぱり、ちょっと、切なくて。



街中でも、子どもたちの成長した姿に出逢えると

胸がキュ~ンとなります。

皆様、託児ルームを卒業(?)されても

近くに来られた際には、顔を見せてくださいね!!!

キューブ。

朝、Kくんのお母さんが粉ミルクを忘れた、

ということで。

近所のドラッグストアへ買いに行きました。



なんと!!

今や、粉ミルクではなく、キューブ状のミルクが

販売されているんですね!!

目新しかったので、つい選んでしまい…

なかなか便利でしたとも。



いつの間にやら、ミルクの作り方も、

世界的に基準が変わっていたりして、驚きです。

お湯の温度 60℃ → 70℃以上

これまでの基準にどんな問題が…ドキドキ。



めまぐるしい。



物も情報も溢れていて。

翻弄されたくはないけれど、

最新の育児グッズを眺めるのは面白いです。

託児ルームに必要かと聞かれると…??



そして、夜。

ご飯を食べるのを嫌がり、どんどんお腹が空いて、

最後には号泣になってしまった1歳のZくんに。

Kくんの余りのキューブミルクを飲ませてみたら。

ようやく落ち着いて。

お迎えまで楽しくあそべました。



Kくんのお母さんのアクシデントに感謝(笑)



ミルクは託児ルームに常備するべきでしょうか。。

でも、賞味期限が。。。


傷付いたのは誰?

通勤ラッシュの満員電車に揺られて、

Oくんのお迎えに行きました。



おしくらまんじゅうより激しい車内環境ですね。

慣れないので、京都駅に行くだけでもヘトヘト。

毎朝、電車通勤されている方々に頭が下がります。。



そんなこんなでお迎えに行ったOくん。

今日は体調も機嫌も悪かったようで。

お母さんにしがみついて号泣。



時間も気になる、お母さんの困り顔に。

ゴメンよ~と思いつつ、無理やり引き離すスタッフ。

Oくんにしたら、まさしく、人さらい。



ガリッ!!と。

見事に顔面を引っ掛かれてしまって。



いつもニコニコ穏やかなOくんなので。

びっくりしました。

そんなに、傷付けてしまったのね。。

実力行使してしまった心無さに反省。。



いや、顔の傷も、酷いもんなんですが(泣)

筆不精にて。

細々、というより、消滅しかけながらも、

保育日誌を付け始めて、丸1年。

今秋も、託児ルームには金木犀の香り。



この日曜日は、ご利用が多くて。

午後には、1歳前後の赤ちゃんだけでも、4人。

みんな、生後2ヶ月頃からのお付き合いです。



よちよち、歩き始めて。ご飯もパクパク食べて。

みんなごきげん。健やかに、大きくなってます。



お母さん、お父さん、お疲れ様でした。

お姉ちゃんもお兄ちゃんも頑張りましたね。

子育ては、まだまだこれからですが。。

大切なお子さんの成長を、可愛い時を、

一緒に見守らせていただいて、光栄です。



本当に、食べちゃいたいくらい、可愛い。

みんな、まるまるして。

あ…食欲の秋…ぐぅ。

愛称、と思うべき?

呼称と言えば。



ため池さんと、某スタッフのことを

「大きいおばば」と「小さいおばば」で

呼び分けている兄弟がいました。



1年以上前になりますか…。

今思えば、懐かしく。

イントネーションが可愛かったな、とか。

妙にしっくりきてたな、とか。

思えるわけですが。



当時は。



“ちょっと~あんまりじゃない?!”

って、思っていました。もちろん。

呼称、決めるべき?

子どもたちは、ため池さんのことを

ためらいなく「おばちゃん」と呼びます。

ため池さんも「おばちゃん」を自称しています。

(稀に、「ため池さん」と呼ぶ子もいますが)



スタッフの呼称は、ホントに子どもそれぞれで。

「〇〇さん」 「せんせい」 「・・・ママ?」

 保育園じゃないから「先生」じゃないのかな?

 この人、誰かな?

 名前、覚えられないな。

決まってない分、戸惑いがあるようです。



スタッフのことを「お姉ちゃん」と呼んで

慕ってくれていたRちゃんが、3歳になって。

Rちゃんなりに考えた(らしい)結果、

「ねえ、ぐりーん! ちょっと来て!」

と、呼ばれるようになりました。

!?!?!?



親御さんや、送迎先の園の方々が

総称で、「グリーンさん」と呼んでくださるので、

あながち、間違いではない…ですが。



〇〇戦隊のヒーローじゃないんだから…(笑)


あばたもえくぼ。

お隣のカフェ「雨林舎」さんには、ギャラリーがあります。



なんと。

個展を開催中の、おかだみかさんが、

託児ルームまで、出張紙芝居に来てくださいました!!



オリジナルの紙芝居 『あばたちゃんのえくぼ』 を

ご本人に読んでいただいて。



突然のお客様に、緊張気味だった子どもたちですが、

普段とはちょっと違う真剣な眼差しで、

一心に聞き入って(見入って?)いたようでした。



おかだみかさんと、「雨林舎」さんのお心遣いが

とても嬉しくて。あたたかくて。紙芝居も、ステキで。



本当にありがとうございました!!!



<おかだみか>

http://anemonem.jugem.jp/

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。