スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日からでした。

スタッフ 「今日も、穏やかですね~♪」

生後6ヶ月から、ご利用の始まったEちゃん。

もうすぐ9ヶ月さんになるのですが。



人見知りが、まだ、なくて。

お腹空いても、ぐずらない赤ちゃんで。

いつもニコニコあそんでいて。



とにかく、穏やか。



「家では、結構、ギャアって泣くんですよ~。」

と、親御さん。



「そうなんですか?! じゃあ、人見知りが始まったら

 泣いてくれるかな~? それも楽しみですね!!」

スタッフがそう言って、親御さんを送り出したら。



Eちゃん、ギャアって泣き出しました。

今日から、人見知りが始まったみたいです(笑)



ミルク飲んで、ねんねして。

しばらくしたら、落ち着いて、ニコニコに戻ったEちゃん。



初めての泣き顔、可愛かった~~☆
スポンサーサイト

優秀な助手の皆さま。

前日までの予約の人数に応じて、スタッフを確保するので。

予約が少なければ、スタッフが、1人だけのこともあります。



そんな日に。

不安感が強くて、いつも抱っこばかりだった赤ちゃんが

ふと、スタッフの膝から離れて、腹ばいで、あそび始めて。



ああ、やった~!! と、思うと、同時に。

この瞬間を壊したくなくて。

一歩も動けない自分の立場に気付くと。



焦ります。



一歩でも動いたら、きっと、赤ちゃんは泣き出すだろう…。

かと言って、1対1ではないから、

他の子のお世話もあるし、電話も鳴るし。。



そして、無謀な作戦に出るスタッフ。



自分は出来る限り、動かないように、他の子どもを、動かす。



1歳も半ばを過ぎると、言葉も、かなり理解してくれるし。

優秀な助手になってくれます。



あ~、あのタオルケット、取って来て~。タオルケットは、分からないかな?

毛布だよ、あ、お布団ね。ああ、それ、もっと向こう、白よ、あ、色は分かる?

ああ、それそれ、すばらしい! あ、ありがと~! あ、赤ちゃん、起きたね、

トントンしてあげて。すばらしい! あ、どうもどうも、お世話になって。



ゲームセンターのUFOキャッチャーの前で

独り言を言う人みたい…。



1歳児さんは、めんどくさがらずに、動いてくれるし。

その動きが可愛くて、ついつい、必要ない時も、頼んでしまう(笑)



残念なのは、たびたび必要になるティッシュペーパーに限って

1歳児さんの手の届かない、高い場所にあること。

ティッシュこそ、持って来てほしいのに~~。



でも、それは、同じく1歳児さんの

ティッシュ引っ張り出し放題を防ぐためなので。



都合の良いコトばかり、言ってはダメですよね!!

ツンツンデレデレ!!

もうすぐ4歳9ヶ月になるHくんは。

渋めの和風な、お顔で。

話し方も、しっかり分別ついてる感じなので。



一見、お兄さんキャラなのかな~と思うのですが。



違うんです。

特に、お母さんのコトになると…。



「Hくん、お弁当、持ってきたんやで!

         ママに作ってもらったんやで!」



こんなHくんに、greenのみかんをあげようとしたら。



「ああ、何も要らんわ。ママのが、一番、好きやから。」



って、軽く、はね返されました。



あそんでいても、時々

「早くママ、来てくれへんかな~。一緒にいたいわ~。」

って、言ってます。



こんなHくんのことを

お母さんは、「この子、ツンデレなんです~」と

にこにこにこにこ紹介してくれます(笑)



ツンデレなHくんの好きなあそびは

おままごとだったりして。

可愛いとこ、いっぱいなんですよ☆



これを、ツンデレって言うのかな~~?

心に残る。

あそびの援助にも、色々あって。

保育士によっても、全然、違います。



初回の子どもさんで、託児ルームの勝手が

分からない時などは。

「これ、やってみる? こんなのもあるよ~!」

こういう“提供”は、にしかたさんの十八番です♪♪



何年も、託児ルームに通っていて。

どのおもちゃも、何度も、あそんでしまって。

そして、赤ちゃんおもちゃでは、飽き足りなくなってしまった

年長さんや、小学生さんには。



今、やっているあそびを、広げて、膨らませていくことが

必要です。



もう、2~3年前になるのですが。

レゴデュプロであそんでいたHくん・保育園児を

ずっと観察していた、かまださん。



Hくんの動物好きの傾向に。

「こんなふうにしてみようか?」って。



デュプロの木に、ヒモ通しのヒモを張って。

おさるさんの綱渡り。



これが、Hくんに、大ヒットで。

小学生になった今でも、デュプロには、ヒモが必須だと

思ってくれているようです。



この綱渡りが、Hくんから、他の子どもたちにも

伝えられて。

託児ルームで、確かな地位を築いていたりして(笑)



「もう、green飽きた~」と言うHくんですが。

デュプロであそぶ時には、イキイキしています!

ヒトを労わる。

相手のことを思いやったり、労わったり、というのは

とてもムズカシイことだと思いますが。



6歳0ヶ月のKちゃんは。

ふと、優しい気持ちをくれる、労わり名人です。



スタッフの後ろを通る度に

腰をトントンと叩いてくれたりもするのですが。

(孫に感謝する、おばあちゃんのようなスタッフ…)



Kちゃんが一番、大切にしたいのは、やっぱり、家族で。



お母さんが

「ああ、もう、仕事に行きたくない~」と言った日。

Kちゃんは、折り紙を、たくさん折って

お母さんの仕事鞄に、そっと、入れてくれたそう。



仕事の終わった夜に。

「Kちゃんが、気持ちをいっぱい入れて、折っておいたから。

 お母さん、今日、仕事、辛くなかったでしょう?」って。



お守りだったんだね。

お母さんを応援する気持ちが、いっぱいだね。



これは、お母さんから、教えていただいた話で。

Kちゃんが、言霊のような、お守りのような

そんなことを、何で知ってるのかな?って、不思議そう。



う~ん。

いろんな経験を総動員して。

きっと、Kちゃん、自分で一生懸命、考えたんだろうな~。



相手のことを、ちゃんと考えられるチカラが

Kちゃんに育っているのですね(^^)


努力のヒト。

とにかく、急な連絡も多い、この仕事。

携帯電話を、携帯しておくことが、必須です。



それは、勤務時間外であっても、同じコト。



映画を観る時など、事前に

「2時間半は、電源オフです」と

ため池さんに連絡しておかないと

着信とメールの履歴が、えらいコトになります。。



さて、それを、スタッフ全員に、求めたために。



一番、努力しなければならなかったのは。

スタッフ最年長・60代の、とださんです。



携帯電話を、持っているだけだった、とださんに。

「メールの送受信を、習得してほしいな~。」

この一言は、どれだけ重たかったことでしょう…。



初めは、「メールを確認したら、折り返し電話をする」

だったのですが。



とださんって、ベストを尽くす方なのです。



返信方法を勉強してくださることに。



初めてのメールを送って、待つこと、半日。

平仮名だけのメールが返ってきて。



次は、30分くらいに、短縮されていて。

改行もされていて。



その次は、漢字と感嘆符が使われていて。



……



今や、早い時なら、即座に、返信があります。

なんと、絵文字が入っています!!



それが、「頑張ります!」の“チカラこぶマーク”だったりして。

こちらまで元気づけられる、とださんの素敵なトコロです♪


井戸端会議?

芋ほり遠足のお土産をいただいて。

自家栽培のお裾分けをいただいて。

「らでゅっしゅぼ~や」から旬野菜が届いて。



さつまいもが溢れていた、託児ルームです。

ありがとうございます♪♪♪



託児の合い間に

腕をふるってくれる有難い主婦スタッフの皆さん。



やまもとさんの大学いも、おいもチップ など。

にしかたさんのお味噌汁 などなど。

ながえさんのふかしいも などなどなど。



そして、今日は。

はしもとさんのスイートポテトでした。



ちゃっちゃか手を動かしながら。

口も動かす、はしもとさん。



話し相手は、ため池さんで。

事務作業しながら、口も動かす、ため池さん。



母のイメージそのもの的な?はしもとさんと

キャリアウーマン代表の?ため池さんですが。



話が合うようです。



なんてったって、2人は、同い齢。



盛り上がる、盛り上がる。。



のこのこ近づいていったヤマウチに

「おばちゃん同士の会話してた!」って。

そんな笑顔で言われても。



反応に、困る(泣)



子どもがいない託児ルームでのヒトコマでした。。



おわり。

お告げ?夢枕?気まぐれ?

ヤマウチのツボに、はまっている

たかのくるみちゃんのエピソードが続きます。



午後から夜にかけての仕事が多い

くるみちゃんなので、朝は比較的、ゆっくりです。



その日も、朝寝?二度寝?で、惰眠を…



すると。



Tくん・1歳7ヶ月が、突然、現れて。



「お腹、空いた!」



ショックで飛び起きた、くるみちゃん。

よく考えたら、Tくん、まだそんなに、はっきり喋らないし。

明らかに、夢なんだけど。



……何のお告げかしら。 託児ルームの食事、少ないかしら。



 クマ耳の上着を着ているTくんは。

 最近、クマ耳と、見事に、同化して。



 ヤマウチの中では、こんなイメージ。



 笑顔を安売りしなくなったトコロが

 女心をくすぐるのです(笑)



 ちなみに、この子は

 絵本の「よるくま」ちゃんで~す。

 話が逸れました。。

始めると、長い。

Kちゃん・2歳3ヶ月は

3人きょうだいの末っ子さんだからか。

天然の甘え上手。



そばに、そっと、たたずまれると

なんでだか、抱っこしてあげたくなっちゃう(笑)



あ、でも、ひとつ、問題が。

「ちょっと、これだけ、やってからね!」

と、たかのさん。

「あなた、始めると、長いのよ~」



分かる~同感~~(>_<)



抱っこついでに??

飛行機とか、一回転とか

とにかく、激しいアクロバットの好きなKちゃん。



可愛くて、ついついサービスすると。

「もっかい! もっかい!」

と、これがまた可愛くねだられてしまって///



延々、続けてしまうのです。



Kちゃんの手中に落ちてるスタッフ陣…。



そして、Kちゃんだけってわけには、いかないので。

子どもたち、順番に、アクロバットして。



ああ、それで、こんなに、腰が痛くなるのね(泣)

慣らした結果。

ここ数日、慣らし保育として

短時間ずつ、ご利用されている方から。



「やっぱり、長時間になると、子どもに負担ですか?」



……難しい質問です。

お子さんの年齢・家庭での様子・性格etc.

greenの利用頻度も含めて、様々な要素が絡んでくるので。



例えば、他の子どもが少ない日か、多い日か、だけでも

お子さんへのストレスの掛かり方は、それぞれ。

お友だちがいる方が、最後まで楽しい、という子もいれば、

夕方以降は、1人でゆっくりしたい子もいます。



思い出したのは、この子。



 2年くらい前の常連さんです。

 当時、2歳前後。



 朝7時から、夜22時までのご利用が

 数日、続くこともあって。

 

 この子は、自分で、自分なりの

 気の抜き方を編み出しました。。

 適応??



 常勤のスタッフしかいない時には

 大抵、この姿勢で。



他のスタッフや子どもたちが来た瞬間。

社交的なおしゃべりさんのしっかり者に変貌するんです。



この子と一緒に、まったりする時間も、好きでした(笑)



ここまで慣れてくれると、「greenの子」として、称号もんですが。



そうですね、特に長時間のご利用の場合には。

その子が、その子なりに、くつろげるように。

スタッフも出来る限り、尽力させていただきます(^‐^)



ですから、必要な時には、どうぞ、何時間でもご利用くださいね!
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。