スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学びの途中。

greenの対面キッチンと、カウンターは

「託老仕様」だと思うのですが

子どもたちにとっても、格好のあそび場です。



下に潜るだけで、楽しいのね。



カウンターの高さが、70cm弱くらいで。

つかまり立ちの頃は、頭をぶつけないのですが。



しっかり歩けるようになる頃には

身長80cm前後に、なっている子もいて

気をつけないといけないのです。



子どもも、自分で、徐々に学んでいくのですが。



昨日のコト。

かまださんが、1歳半になったSちゃんに

「出る時は、気をつけや~」と、声をかけたのです。



そしたら。

Sちゃん、腰をかがめて、手で頭をかばうポーズ。

ちゃんと分かってるんだな~って、感心していたら。



そのまま、1m以上、歩いて行って。



……カウンター、奥行きは40cmも、ないのです。



「はいはい、もう大丈夫よ~」と、声をかける、かまださん。

顔が引きつってます。必死で笑いをこらえていますね?
スポンサーサイト

スタッフ写真。

当のスタッフ陣には、見てもらえていない

ホームページの「スタッフ紹介」。



利用者の方々には、見ていただいているようで

嬉しい半面、恥ずかしさが……(>_<)



「子どもが、見せてくれ~って言うんです。」

なんて言われると、ボボボボボ//////



「せんせ~って、指差すんです。」

なんて言われると、ボボボボボ//////



このスタッフ紹介の写真。



ホームページ担当のヤマウチが

託児中、スタッフに内緒で、いきなり

デジカメのズームで、撮っていたりするんですが。

(正面を向いてる人は、勘が鋭いのか???)



みんな、良い顔で、笑ってると思いません??



子どもに接する時、ホントに楽しそうだな~って

これは、greenのウリです(笑)



ヤマウチの写真だけは、微妙な裏事情。

なんでか、だ~れも引き受けてくれなくて。

自分で、撮りました(泣)



セルフタイマーの使い方が分からなくて

手をふるふる伸ばして撮った、涙ぐましい1枚です。。

明日、また、greenに来るからね!

週に1~2回、ご利用のあった

仲の良い、年子の兄弟が、ぱったり来なくなって。

子どもたちも心配していた、夏の終わり。



ふと、ご利用があって、喜んだら。

弟くんの方が、長いこと、入院していたそうで。

しばらくは、自宅療養で、保育園にも行けないらしく。



1人で育てておられるので。

入院の付き添いのために、お仕事を休まれて。

お兄ちゃんは、親戚のお家に寄せてもらっていたとか。



カラダが本調子に戻るまで、まだ時間がかかるし。

少しでも、お手伝い出来れば、と思います。

子育てって、本当に、何が起こるか、分からないですね。



さて、そんなわけで。

兄弟になって初めて、離れて過ごしていた兄弟。



やっぱり、ちょっと、違和感があるみたいで。



お兄ちゃんが、弟くんに、すごく、気を遣っていて。

弟くんも、薬のせいもあってか、気持ちの波が激しくて。



2人であそぶのが、つまらないみたいで。

「先生、こっち来て~」「僕とあそぼ~」って

2人とも、スタッフに甘えたいのもあって、ギクシャク。。

帰る時も、「楽しくなかった」って、暗い顔……。



でも、こういうのは、

スタッフが心配するコトじゃないんですね!



1ヶ月くらい経ったのかしら?

先日、ご利用の時には。

いつもの仲良し兄弟に、戻っていて。



弟くんは、カッコ良くて、ゲームの強いお兄ちゃんに

尊敬のまなざしを向けていました~☆



毎日、一緒に過ごすんだもんね。

ケンカしたって、絶対、仲直り出来るもんね。



「明日、また、greenに来るからね!

                 一緒にあそぼうね!」

って、2人とも、笑顔でバイバイしてくれました(^-^)



まあ、次の日は、親御さんのお仕事、

お休みだったみたいで。

スタッフ、待ちぼうけ~でしたけどね!!

猫の皮。その1

少し前に、紹介させていただいた

託児ルームの姫、こと

2歳7ヶ月のHちゃんの、再来店時。



とださんに、かくかくしかじか。

この託児日誌での、エピソードを説明。



「おとなしい」と評判のHちゃんが。

家では、結構、おしゃべりをしてるらしいとか。

声を立てて笑うらしいとか。絵本読んでくれるとか。



「ひとつ、私が、やってみましょう!」

とださん、胸を叩いて、請け負ってくれて。



今日こそ、Hちゃんの猫の皮を剥がすゾ!と

意気込むスタッフ陣です。



とださん、曰く、

「足の小指を思いっ切りぶつけた時も、

 声も出さなかったから、

   しゃべらない子かと思ってましたよ~」って。



(……そんな痛そうな話、初耳です、とださん。)



さて、とださんの勝敗は、いかに?!



くすぐって、高い高いして、ぐるんぐるん回して。

絵本読んで、鬼ごっこして、かくれんぼして。



そしたら、Hちゃん、「しししっ」って。



ねえ、今の、笑ってくれたのかなァ??



Hちゃん、2回戦、お待ちしてますので~~(笑)

泣かせてしまった。

1歳8ヶ月のTくんが、ニコニコして

たまごパズルを見せてくれながら。

「お・た・ま!」と言うので。



「た・ま・ご、だよ~(笑)」って、訂正したら。



ぷくっとフクれて。

Tくん、「お・た・ま!」って、もっと大きな声。



「た・ま・ご、じゃないの?」って、聞き直したら。



Tくん、「おたま~~~」って

ボロボロボロボロ、泣き出してしまって。



その後。

Tくんが、たまごパズルを放り出したので

気が付いたのですが。



たまごパズルの柄が、「お星さま」だったんです。

「お・た・ま」じゃなくて、「お・ほし・さま」だったのね。



私が悪かったよ~~(>_<)



子どもの話を聞く時は

集中力と想像力と注意力が必要です。。反省。。



追伸

Tくんが、お星さま好きになったという

事前情報も必要でしたね。

お迎えの時に、親御さんから教えてもらいました~。

知らないのは本人だけ?

見学の方と、お話していた、やまもとさん。



「当日の持ち物は、

 ホームページに書いてあるものだけですか?」

と、聞かれて。



「ホームページに書いてあるんですか?」

と、答えていました。



あれ~~~~?



新規のお客様のほとんどが、ネット検索で

greenを見つけてくださっているのに対して。



greenのアナログなスタッフ陣は、

ホームページを見たことが、なかったりします。

(この託児日誌なんて、存在すら知らないんだろうな…)



スタッフ紹介の顔写真とか、プロフィールとか

見たら、ビックリするんだろうな。

ため池さんの近況も、利用者さんの方が詳しいはず(笑)



先日、ながえさんが、ホテルへ派遣に伺って。

顔合わせをしていなかった、初めてのお客様に

ロビーで、すぐに、「ながえさんですね?」と、声を掛けられて。



ながえさん自身は、たいそう、不思議に思ったそう。



でも、帰宅して、ご主人に報告したら

「ホームページに、顔写真、はっきり出てるんやろ?」

と、さらっと言われてしまったとのこと。



たぶん、そんなトコロでしょう(笑)



でも、もしかしたら。

ながえさんって、とっても印象がやわらかくて。

「子どもを見守ってくれる人」っていう

オーラがあると思うので。



ホントに、雰囲気だけで

「きっと、この人だ!」って、思ってもらえたのかも…

って、ちょっぴり思ってます(^-^)

男はフラフラするもんさ~♪

全国の男性の皆様、偏見で、ごめんなさい。



先日、いつも賑やかなMくん・4歳2ヶ月が

いつにも増して大フィーバーしていて。

マイクを持って、歌い&踊り狂っていて。



その動きが、あんまりに、

くねくねフラフラしていたものだから。



5歳になる、Aちゃんが

「うるさい~! 気持ち悪い~(>_<)」って。



それを宥めようとした、某スタッフが、つい。

「まあまあ、男はフラフラするもんなのよ。」と

言ってしまったのです。



Aちゃんは、「???」って顔だったのですが。



Mくんが、そのフレーズ、気に入ってしまって。

「男はフラフラするもんさ~♪」って、更にノリノリに(泣)



ごめんなさい、なんか、教育的にどうだろう……。



それでも、その場で、終結したなら、まだ良かったんですが。



後日、2人とも、

その話をしっかり覚えていることが、判明して。

たとえば、Aちゃんのお父様とかに、申し訳ない感じで。。

あけっぴろげ~(笑or泣?)

開店から閉店までが長いので、途中に

数時間の休憩をいただくことがあるのですが。



何時に託児ルームを出て、

何時に戻るか、どこに何をしに行くか、

だいたい、申告してあって。



休暇の予定も、だいたい、申告してあって。



職場にオープンな、ヤマウチの日常。



今月の11日は、定期健診で。



毎年、ため池さんが看護師業をしている

はった医院さんにお世話になるので。

(いつも、ありがとうございます☆)



つまり、採血とか尿検査とか

ため池さん本人が、してくれちゃうわけです。



検査結果も、ため池さんに、直通。



カラダの中のことまで、職場にオープン。。



月のような神秘さを持つ(?)

にしかたさんが

「女には、秘密が必要よ~」と言ってました。



ヤマウチには、縁遠いなァ、それ(泣)

プライベートって、プライバシーって、何だっけ?



ああ、でも。

職住一致型の生活で

子どもにタンスを荒らされたことのある(爆笑!)

ため池さんよりは……良いか??



ああ、でも。

ため池さんが、はった医院さんに勤めているおかげで

季節性インフルエンザのワクチンも

確保していただけて……ホントに有難いのです。



ああ、でも。

たまには、内緒話のひとつも……持ってみたい!

だって、正直者。

greenのスタッフ陣を、一言でまとめると。

みんながみんな、「お人好し」です。



頼まれたら、断れない性格で。

ウソのつけない正直者だと思います。



そんな、一見、長所のようなスタッフカラーが

時には禍(わざわい)にもなる話。



我が子を他人に預けるコトに反対、という

考え方をする人もいるわけで。

それが、どうこうでは、ないのですが。



「greenを利用していること、家族には、内緒で…」

という場合も、やはり、あるのだろうと思います。

(確認させていただいたことはないので、推測です)



先日、

「今日は、父親が迎えに来ますが

 明日も予約していることは、言わないでください。」

という、お母様からの珍しい依頼があって。



急に、そわそわし始めるスタッフ陣。



「またね~は、禁句ですよね!」

あわわわわ…と、一語一句、打ち合わせを始めて。



めっちゃ、挙動不審でした。



…確認してないのですが、

お父様にバレテマセンデシタカ??



ウソは、守秘義務より難しいと思いました。

あ、ウソをついてほしいという依頼じゃなかった(汗)

DON’T TOUCH ME!

生後10ヶ月になるSちゃんは

ご利用が始まった4ヶ月の頃には

既に、人見知りが始まっていて(早!)。



いつも、親御さんから離れた途端、

号泣開始の戦闘態勢(?)だったのですが。



先日、こんなことが、発覚したのです。

「抱っこすると、かえって泣いてしまう赤ちゃんもいる」。



今までは、泣いてるから~と、ずっと抱っこしていて。

思えば、身をよじって、嫌がられてたかも…ですが。



でも、お座りが出来るようになったので

周りに、おもちゃをいっぱい並べて。

抱っこを止めて、ひとりで座ってもらったのです。



そしたら。

泣き止んで、あそび始めたではありませんか?!



そして、スタッフにも、ニコニコしてくれて。



ところが。

嬉しくなって、抱っこしたら、また、泣かれて。

床に降ろすと、泣き止んで、ニコニコ。

オムツを替えようと、触ったら、また、泣かれて。



接触拒否。



ガアァァーーーーーン!!!



お迎えに来られた親御さんに報告したら。

「家では、抱っこ好きなんですけど…(苦笑)」



ゴオォォーーーーーン!!!



泣かれてまで、抱っこする必要、ないのだけど。

Sちゃん!

そのプヨプヨほっぺたを

私たちに、堪能させてくれたって、良いじゃない?!
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。