スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期間での成長(変貌)っぷりが怖いわ。

 お盆とお彼岸だけ、長時間やって来るのは

 お寺の子。

 もうすぐ1歳6ヶ月になるSくんです。



 人見知りなく、常に笑顔。

 夏の暑さを忘れさせてくれる

 可愛い子。



 にしかたさんの

 ストライクゾーンなんだそうですよ。

 後光が射してるような、穏やかさ。



お歌が好きで。



他の子どもたちと

『かえるのうた』を合唱&合奏していた時に

後ろから



「くわっ♪ くわっ♪ くわっ♪ くわっ♪」



可愛い声で、すっごいゴキゲンに参加してくれて。

みんなで、メロメロになりました(^~^)



お友だちからも可愛がられて、得だね!!



あ~でも、大きい子たちに、あそんでもらい(過ぎて)。

いっぱい刺激を受け(過ぎて)。



ここ数日で、どんどん、ヤンチャになってます。



何、その大きな声?

何、その活発な動き?



お盆が終わったら、

親御さん、ビックリされるんじゃないだろうか。。
スポンサーサイト

greenのスタッフ会議は、話が逸れて、結論が出ない。

 写真の右上が、テレビです。

 

 5歳11ヶ月のRくんは

 テレビとの距離を、自分でとれるので

 偉いな~と思ってます。

 椅子も準備するし(笑)



 テレビに、目がくっつきそうなくらい

 寄っていく子も多いのです(それも無意識に…)。

 赤ちゃんの奇声(笑)に対抗して

 どんどんボリュームを上げる子もいますし。



託児ルームには、開業当初から、テレビがあって。

必要かどうか、よく議論になりますが。



安全面を考えると、どうしても、子どもの目線よりも高い位置に

テレビを設置することになるけど、それって、目によくないし。

テレビの電波に、頭痛がするスタッフも居ることだし。

いっそのこと、テレビ、無くしてしまいましょうか?って。



でも、人見知りで泣いてる、1~4歳さん、

アンパンマンになら、心を許すことがあって。

スタッフの技量では、この原理に、まだまだ勝てないし。

テレビに、お世話になってる…。



長時間利用の子どもたち、ちょっとした休憩に

やっぱり好きなアニメが恋しくなったり。

(テレビって、子どもたちにとって、すごい身近なんですね)



色々、堂々巡りに、検討してます。



何故かって?



だって、この、超、旧型テレビ、そろそろ、映らなくなるでしょ?

買い替えるか、撤廃するか、、、悩む(。_。)



撤廃したら、子どもたちから、ブーイングがあるだろうな、確実に。



ところで、この写真に写っている、オレンジの椅子(ソファ)に

踏ん反り返って座るポーズを、ここでは、「社長」と呼ぶのですが。



先日、3歳になる直前のKちゃんが、ドカッと座って

自ら、「しゃっちょ~。 しゃっちょ~。」って。

その、ご満悦な様子が、とてつもなく可愛らしかったんですよ。



可愛かったなあ。悩むのが、バカらしくなるなぁ。そうして、堂々巡り。

いつもの光景?

 子どもって、寝そべって、あそびますね。

 特に、乗り物を動かす時。



 男の子が多いかな。

 タイヤとか、動く仕組みに、興味津々。



 3歳2ヶ月のKくんも

 よく、レゴ(デュプロ)と一緒に、寝そべっていて。

 狭い通路でも、どこでも。

 だから。

 いつもの光景だったので、気にしてなかったのです。



そしたら、Kくん、ホントに、寝てて。



笑ってしまいましたが。 ごめん、気が付かなくて。



また、別の日には。

Kくん、汗だくで、グダ~ッて、なっていたこともあって。



日本の湿度に、閉口していたみたいで。

慌てて、除湿しました。

アメリカは、こんなジメジメしてないんですねぇ。。



私もまだまだ、目が行き届いてないなぁ。 精進、精進(>_<)

赤ちゃんの過ごすトコロ。

 派遣先の親御さんに

 「今度、託児ルームにも伺おうと思うんですけど

    赤ちゃんの過ごすトコロって、どんな感じですか?」

 という質問をいただいたので。



 デジカメで、託児ルームを撮影して

 次の派遣の時に、見ていただきました。

 

 そうか。。

 見学に来れない事情がある方には

 こんなサービスも、必要かも知れないですね。 

 

さて、生後1ヶ月の赤ちゃんが過ごす場所、それは、ベビーベッド?



ホントは、周囲がネットになってる、高価~なヤツが欲しかったのですが

1台目が、小学生の悪ふざけで壊れたので、高いのを買う勇気が…。



その分、お布団や、おもちゃに、こだわりがあります!



オルゴールに、木のモビールに、木のベビージム。



ベビージムは、初め、プラスティックのガチャガチャ鳴るヤツだったのですが

3年くらい前に、生後2ヶ月のKくんが定期利用になった時に

「赤ちゃんには、優しい刺激の、良質なモノが絶対、必要ですよ~!!」とか

ためいけさんをたぶらかして、経費で買ってもらった一品です(笑)



で、最近は、バスタオルも、新しくなって。

シーツ、洗濯して。 マット、日に干して。 etc.

寝心地は、日々、向上しているはず。



バスタオルと言えば。



可愛くて、肌触りの良いモノを、安く手に入れるために。

醍醐のアルプラザまで、買い付けに行くのです。



スタッフ陣に

「そういうの、労力を厭わないよね…。」と、呆れられています。



ほっといて~(>_<)



こんなに、こだわってる、ベッド周りですが。

いざ、赤ちゃんが来られた時には、抱っこしちゃって。

あんまり、ベッドに寝かせていないのでした☆

5歳児の知識と疑問。

託児ルームの人気の絵本のひとつに

『げんきスーパーかんさつ絵本』シリーズがあって。



『のりもの300』とか『どうぶつ300』とか

とにかく、写真がたくさん載っているのが

良いのです。

若干、厚紙なので、丈夫だし(笑)



5歳6ヶ月のRくんも、この日

どうぶつ版を真剣に眺めていました。



博識なお兄ちゃんで。

どうぶつの名前が、スラスラ、出てきます。



そして、終盤に差し掛かったトコロで。



Rくん、さらりと。

「何で、どうぶつの本に、魚が載ってんの?」



ひゅるる~~ぅ。

また、難しい疑問がきたよ(-_-)



でも、その着眼点が、素晴らしいわ。。

この本、改良の余地アリですよ、講談社さん。



スタッフ 「Rくんの“どうぶつ”は、ほ乳類って意味だね。

       でもね、動く生き物は、全部、“どうぶつ”なんだよ。」



もっと、ツッ込まれたら、卵を産む動物と、赤ちゃんを産む動物の

説明をしなければ…と思ったのですが

Rくん、それ以上、聞かず。



スタッフの説明が、全然、とんちんかんだったのか?

多くを聞かなくとも、察するコトが出来るのか?



いや、聡い子だしな……。



ちなみに、ためいけさんに、

          この疑問への答え方を尋ねてみたら。



「魚は、付録(おまけ)ちゃうの?」



だそうです。 聞くんじゃなかった(-_-)

これぞ、とばっちり。

「あと、何歳の子が来る~?」

「あ、誰か来た! 何歳? 何歳?」



幼稚園児さんくらいになると

同年齢 = 一緒にあそべる子 らしくて。

赤ちゃんばっかりの日には、

もう何度も何度も

スタッフに確認してきます。



「え~っ! 大きい子、来ないの~?!

     あそぶ相手、居~ひんやんかぁ!!」



とか言って、しばらくすると、みんな

赤ちゃんと真剣にあそんでくれるのですが(笑)



この、「何歳? 何歳?」、やたら、真似します。



3歳4ヶ月のTくんが、大きい子たちに混ざって

新しく来たKくん・3歳を取り巻いていた時のこと。



子どもたち 「何歳? いくつ?」

Kくんのママ 「3歳のKくんです。みんな、よろしくね~。」



Tくん 「そうか、で、君は、いくつだね?(真顔)」

Kくんのママ 「え~っ? 私っ? それを聞かれるとは……」



Kくんのママ、タジタジです。

スタッフ、ヒヤヒヤです(>_<) 失礼しました~///

医者いらず?!

 ありがち過ぎて

 笑い話にしかならない、スタッフの舞台裏。



 これ、greenの病児ルームで、点滴を受けている

 ヤマウチの写真だったりして。

 

 気付けば、数ヶ月、休みが

 なかったりする働き方なので。

 

 少しでも、体調不良を訴えると

 責任者で看護師の、ためいけさんが

 それはもう、至れり尽くせり

 悪化しないように、手立てを講じてくれます。



 この日は、ためいけさんが、点滴セットを

 はった医院から持ち帰って

 ちゃちゃっと、針を刺してくれて。

 (受診する必要もないって、どうです?)

はあ、こりゃ、有難い。

でも、その時の、ためいけさんの言葉が、頭から離れません。



「どこで、やろうか? 仕事しながらでも、点滴は出来るよ~。」



いや~(>_<) 点滴中くらい、患者を横にならせてくださいよ!



病棟勤務時代の、ためいけさんは、“自分点滴”が日常だったそうで。

看護師っていうのは、大変な仕事だな~、すごいな~と思う反面、

そのワーカホリックの常識を、スタッフに求められても…みたいな、ねえ?

くじらへの憧れ。

2歳4ヶ月のTくん。

今年の夏は、念願の家族旅行で、初めての海へ。



旅行前の抱負。

「くじら、なんびき、とれるか、なあ?」



それは、また、壮大な夢やねえ。。



可愛いなあ。可愛いなあ。

なんで、こんなに、可愛いかなあ。



Tくんのゆっくり口調で

「がんばれ~」と言ってもらうと

          (お願いすると、言ってくれます)

スタッフは、みんな、癒されるらしくって。



アリガタガッテ、います。



…教祖様じゃないんだから(笑)



ちなみに、とださんの占いによりますと

ヤマウチは、“くじらになりたいイルカ”で

ためいけさんは、“犬になりたい猫”だそうです。



叶いやすいのは、ヤマウチ? どっちもどっち??

4歳の自負。

4歳10ヶ月になるNちゃんが

最近、ようやく、自分から

「greenに行きたい」と言ってくれるようになって。



スタッフとあそぶのを楽しみにしてくれているのが

伝わってきます。 嬉しいです(^-^)



先日、平仮名を全部、読めるようになったと

教えてくれました。



1歳の弟・Hくんに

絵本を読んであげる、優しい、お姉ちゃん。



スタッフ 「すごいねえ!」



Nちゃん 「漢字も、読めるんですぅ♪」



スタッフ 「ええ、それは、すごい!!」



Nちゃん 「漢字の上に、平仮名が書いてあるヤツは

                 もう、全部、読めるんですぅ♪」



ん? んん、んんん~??

それは、俗に言う、「振り仮名」ってヤツですかい?



スタッフ 「……へえ、それは、それは、、、」



どうしよ、こんな時、どうしよ~(>_<)

空を飛べたら、どうする?

子どもたちの流行を知っておくのも大事なので

時には、ハナの玩具売り場で、新製品をチェックしたり

特撮ヒーローものやアニメの進行具合をチェックしたり



最近のって、結構、面白いんですねぇ。



さて、日曜日。

これでもか~ってくらい、早朝から

子ども向けのテレビ番組が並んでいて。



5歳のSくんと、釘付けで、観てました。

たまに、どこがカッコイイのか等、

Sくんに貴重な意見をもらいながら。。。



子どものつぶやきって、何より、面白いんですねぇ。



で。

スタッフにも馴染みのある、『ドラゴンボール』で、ふと。



スタッフ 「私も、空、飛べたらなあ。」



Sくん  「空、飛べたらさあ。      

      空から、何か落としたら、怒られるんと違う?」



………え? 何で、ソコ??



もうちょっと夢のある返答を期待してた自分に気付きました。

でも、笑えたわ、Sくん。 座布団1枚!
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。