スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

o。* クリスマスったらクリスマス。o☆

一足先に、クリスマス会を済ませたつもり

だったのですが。



24日のイヴも、25日のクリスマスも

子どもたちを見ていたら、無性に可愛くて。



結局、3日とも、クリスマス会を開いてしまいました。



Tくん・2歳は、親御さんの超多忙な時期が重なって

3回のクリスマス会にフル出場(笑)



24日は、まつお先生にいただいたケーキ。

サンタさんのマジパンが可愛くて。



Iくん・6歳が、かぶりついたけど、固っ!でかっ!

サンタさんの首と胴体、力ずくでお別れしました、、、



25日は、スタッフの打ち合わせに不備があって

メインのケーキを忘れてしまったのですが(泣)

余裕がなくて、途中、買い出しに行くことも出来ず。。



でも。

託児ルーム始まって以来、1~2回しか作ったことのない

サンドウィッチが珍しくて、お茶が濁せたかと思います。

お泊りのKちゃん・4歳が喜んでくれたので、ホッとしました。



子どもたちに、サンタさんからの贈り物の報告を聞きながら

思ったことには。



年々、サンタさんの出費、嵩(かさ)んでいるなぁ、ということ。



それでも、子どもたちの喜ぶ顔が見たいんだ、サンタさんは。



さてさて、クリスマス騒ぎも落ち着いて。

明日からは、年末年始のスタッフ体制になります。

先週が仕事納めだったスタッフもチラホラ。



スタッフが少なくなる都合上、お受け出来る仕事にも限りが…。

既に、新規のご予約については締め切らせていただいてます。

皆様には、ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが

今年も最後まで、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

クッキング日和。

時間があれば、工作だけでなく、クッキングもしてます。



月曜日、3歳5ヶ月のKちゃんと、小2のSちゃんと一緒に

クッキーを焼きました。



6周年のプレゼント・クッキーを焼いた時には

はかりも、ゴムべらも、知識もなくて。

とださん(焼き菓子のプロ)に、レシピを伝授してもらって

まきさん(元家庭科部)に道具を持ってきてもらって。

人頼みの大騒ぎでしたが。



今回は、道具一式、託児ルームに購入して。

ちょっと贅沢に、米粉のクッキーミックスを使ってみました。



ホットケーキを焼いたりすることもあるのですが

子どもたちの目の前でフライパンを使うと

どうしても、火傷の心配があるので。



小さい子どもちゃんがいる時は

焼き作業、オーブンに任せてしまうクッキーが、無難です。

生地を寝かせるのに時間がかかるけど

型抜きなど、楽しい要素もいっぱいありますし☆



で、早速、クッキング。



バターを計ったり、粉を混ぜたりするのは、年長者のSちゃん。

見事に分離して、ぶつぶつになったのですが

失敗も笑い飛ばすトコロが、Sちゃんの長所です!



3歳のKちゃんは、タマゴを割る係。

少しアレルギーのあるKちゃんでしたが、、、

黄身を潰さず、上手に割れました!



その後、Kちゃんが、人形あそびをしている時に

「タマゴは、こんこん、ぱかって割るんですよ~」って

お母さん役になって、クッキーづくりをしていて。



実体験と、あそびが、ちゃんとつながっているのが

嬉しかったです(^~^)



さて、型抜きのシーンでは、Sちゃんの制止を聞かずに

Kちゃんがトライして、アザランをぶちまけてしまったりもしましたが。

かまださんの執り成し(ベテランの技)で、Sちゃんも機嫌を直し。



無事に焼き上がりました。



出資者の、ためいけさんが、味見させてもらえた他は

子どもたちが食べた&持って帰ってしまったので

味の方は、分からないんですけども。



満足してもらえたかな?

頼む相手。

Nちゃん・5歳2ヶ月の話すトコロによると。



小1の兄、Tくんは

妹に宿題を手伝わせるらしい。



宿題が2つ、あるとね、N、1つやってって、お兄ちゃんが言うの。

で、漢字の方をNが書いて、人(ヒト)という字を覚えたの。



なんて信憑性の高い(笑)



Nちゃんは、聡明で、器用な子なので。

トランプでも、バランスゲームでも、とにかく強いです。

きょうだいが多いので、世渡りも学んでいるかも知れません。



お兄ちゃん、そこんとこ、よく分かってるんですよね。

Nちゃんなら、小学1年生レベルの宿題も、出来るに違いない、と。



良いんだろうか、このままで。



Nちゃんが、「本人(兄)のためには手伝うのは良くない」ということを

悟りつつ、諦観している表情なのが、面白いんですけど。



若いのに、大変だねぇ。。

子どもの手を煩わせる。

 託児ルームは、開所時間が長いので

 子どもの生活と、住人の生活が、同時進行です。



 スタッフと子どもたちがあそんでいる横で

 住人による年末の大掃除だって進んでいきます。



 普段の生活も然り。

 洗濯機も動くし、掃除機も動きます。

 

 これを、「家庭的」と宣伝するのは

 いかがなものか。



夕刻になると、モチロン、洗濯物を取り込むのですが。

(忙しいと、2階に行けなくて、大雨でも取り込めませんが、、、)



畳むのを手伝ってくれる、親切な(奇特な)子どもたちもいます。



ところが、思わぬことが。



3歳3ヶ月のKくんが、布巾を畳もうとしたら、4角が合わない。

何度、ひっくり返しても、どうやっても、合わない。



ためいけさんもヤマウチも、横着なので。

布巾を干す時、一箇所しか、ピンチで留めないので。

それって、布巾が、だんだん、ひし形になっていくんですよね。



几帳面で、気の長い、Kくん。

何度も何度も、畳み直してくれて。

ごめん、あそびたいのに。



面白くて、ついつい、カメラを構えてしまったよ(爆)

シンクロ双生児。

3歳3ヶ月の双生児、Kくん&Hくんは

初対面のスタッフでも、見分けがつく双子ちゃんです。



でも、基本的生活習慣と行動パターンは

驚くほど、ソックリです!!



そして、小柄なのに、めちゃ、食べる。



最近の託児ールでは、“そばめし”が、大人気なのですが。



先日、米2合、麺3袋、野菜も肉もソーセージもチクワもたっぷりの

でっかいフライパンに山盛り用意した、そばめしを



Kくん&Hくんの、激しい、おかわり合戦に、みんなが触発されて。



子ども5人で、食べ切ってしまったのです。

(夕食分とスタッフの食事も含まれている計算だったのに)



Kくん&Hくん、共に、4杯ずつ。

いつも小食の、ある兄弟(5歳と3歳)も、おかわりして。

1歳8ヶ月のSちゃんまで、3杯(!)。



それから、双子ちゃん、食べたら、すぐ、トイレ。

2人は、同じ、タイミング。



託児ルームの子ども用トイレ、ひとつしかないので。

「ああ~、Kくん、ちょっと待ってな! Hくん、急げ~!」

何でも、ふたつ、必要かもしれない。



ところで、双子ちゃん家のエンゲル係数、気になります(笑)

ビンタ注意報。

で、そんなKくん・1歳8ヶ月なんですが

月に1~2回のご利用がある、託児ルームのアイドルで。



可愛いんですよ! (みんな、可愛いんですけど!)



よく、コケるのですが、泣こうかどうしようか迷っている時に

スタッフが、「あらあら~」と、笑顔を見せると

その笑顔に釣られて、笑ってしまう、Kくんなので。

託児ルームでは、ほとんど笑顔で過ごしています(笑)



昨日は、親御さんと離れる時も、泣かなかったね!



そんな、ご機嫌なKくんは。

いつも、割と1人で、長時間、

楽しそうに、歩きまわったり、あそんだりしているのですが。



昨日は、たまたま、Kくんだけという時間があって

スタッフ、可愛いKくんの動きをじっくり観察していたのです。



それで、分かったコト。



Kくんのテリトリーに踏み込むと、ビンタが飛んでくる



ビックリです。

可愛いなあ、と思って、側に寄り過ぎると。

にこにこしたまま、腕を目一杯振って、平手打ち。



親御さんに確認したトコロ、お家でも、そうらしくて。

お友だち(子ども)には、しないのに。

大人は、近寄っては、ダメらしい。。 せっかく可愛いのに~(泣)

アッサリ解決したかに見えた、とあるエピソード。

1歳8ヶ月のKくんは

その呼び名で、ことあるごとに、物議を醸してしたのです。



図で表すと

「〇〇△△」くん、なのですが。



〇〇くんと呼ぶスタッフと、△△くんと呼ぶスタッフに

分かれていて。



△△くん派によると

「親御さんは、△△って呼んではりましたよ!」とのこと。



なぜか、どちらでも可愛いし、どちらでも振り向いてくれるんだから

良いじゃないですか、とはいかないんですよね(笑)



という話の流れで、昨日、親御さんに、ちょろっと確認。

「なんで、△△、なんですか?」



親御さん、曰く

「実は、お腹にいる時から、△△って、呼び掛けていたんです。」



これはもう、△△くんで、決まりだろう!と、思ったら



「パパは、〇〇って、呼びますけど。」と、親御さん。

ああ、また、派閥抗争が続くネタが挙がってしまった…。



そういえば、ママは、名前が決まる前から、△△と呼んでいたのかを

お聞きするのを忘れてしまいましたね。

奥の手が見破られている。

戦車の制作にあたっては

まず、戦車について、調べるところから。



(ホントは、一緒に調べるのが、ベストなんですが)



スタッフ 「じゃあ、次までに調べておくね!」

Tくん(6歳) 「どうやって調べるの?」



スタッフ 「ふふ~ん、今は、ネットでね~」

Tくん 「ああ、パパと一緒だね。」



なんだ、やっぱり、という様子で

間髪入れずの切り返しが、ザクッと刺さりました。



私が子どもの頃は、ネットなんて

神業のようなものだったのに。。



今や、最も、お手軽な方法なんですね。



「自衛隊さんのトコロに行って、写真撮って来るよ!」って

言えば、良かったかな(。_。)

(ヤマウチの実家の近くに、自衛隊の基地があるので)



Tくんに、若干、ガッカリされたようで、悔しい。



あの超多忙でいらっしゃるTくんのパパが

忙しい合間にも、ネットを駆使して

息子の要求に応えるのとは、意味が違う、と思ったのでした。



むむむぅ。 これは、リベンジせねば。

装甲戦闘車輌、発動す。

 約束は守られました。

 Tくん・6歳との合作、戦車。

 ココに、お披露目。



 本体部分だけでも、かなり、大物。

 主砲含めると、全長30cmにもなります。



発泡スチロールと竹ひごの芯材に、紙粘土で作られていて。

細かいパーツは、乾燥させてから、ボンドで貼りつけてあります。



土台作りには、小2のSちゃんが協力惜しまず、参戦。

Tくん、「お姉ちゃんは、すごいなぁ。」って、素直に感謝してました。



Tくんが頑張ったのは、戦車の魅せドコロ、キャタピラで。

画像では分かりにくいのですが(泣)、

キャタピラらしく見せるための工夫が、てんこ盛りです!



それから、Tくんは、色塗りにも、丹精込めました。

こげ茶と深緑の水彩絵の具を重ねて、迷彩柄にしてあるんですヨ。



利用時間内に完成させるために、Sちゃんの提案で

紙粘土をドライヤーで乾かすという暴挙に出ているのですが

これって、ヒビ割れしないんでしょうかね?



所要時間、2時間半の強行突破な工作でしたが。



Tくん 「持って帰るまでの時間なら、greenに飾って良いよ。」

この言い方は、作品を気に入ってくれた証拠。 良かった(^~^)



お家で、ニスを塗ってもらえれば、尚、良いかと思います。

意味不明な判断基準につき。

5歳3ヶ月のRくんが、2日続けてのご利用で。

最後に来たのは、1歳半くらいの時では、なかったか?!



久し振りで、でも、忘れられない、お子さんだったので

ご予約をいただいた時は、嬉しかったです。



1歳も半ばを過ぎて、まだ歩かないRくんに

(ほふく前進の超スピードのまま

   土間の段差を降りられる運動神経なのに、ですよ)

みんなで、ヤキモキしているうちに、ご無沙汰になって。



それから、ずっと、気にかかっていた。。



5歳になったRくんは、そんな心配、どこ吹く風の

お調子者でノリノリな少年になっておりました。



2日目の朝、初対面の、まきさんに向かって。

Rくん 「あ、昨日と同じ先生やな。」



まきさん 「え?」

Rくん 「服が違うし、顔は似てないけどな。」



まきさん 「え~? じゃあ、どこが似てるの~?!」



そんなRくんは、「先生、大好き。」と

何度も言ってくれたにも、かかわらず。



靴下が滑って、見事に、尻もちついた途端、

「先生のせいや!」と、手のひらを返す、オレ様でしたが。



笑顔は、昔のまま。

すぐに機嫌が直るところも、昔のまま。



確かに、スタッフの知ってるRくんなのでした(^~^)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。