スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちのエコ感覚。

節電・・・エコ・・・子どもたちは

大人の世界の事情をちゃ~んと見聞きしています。



数ヶ月前になりますか、「長い時間、お世話になるので。」と

トイレットペーパーや洗剤を中心に

日用雑貨を差し入れてくださった利用者の方がいらして。



一時期だけ、託児ルームのトイレットペーパーが

シングルから、ダブルに変わったのですが。



子どもたち 「これ、2枚も使って良いの?」



贅沢は敵??

わざわざ、1枚ずつ、剥がしている子もいたりして。



みんな、託児ルームの台所事情を察して(?)

それなりに気を遣ってるんだな~と思っていました。



が。



昨日、4歳2ヶ月のYくんの言動は

予想の斜め上をひた走りました!!!



Yくん 「先生~、Y、これ、半分ずつ、使うね!」



スタッフ 「? 何が?」



先に言っておきましょう。

数ヶ月経って、託児ルームのトイレットペーパーは

シングルに戻っています。 当然です。



スタッフ 「っ?!?!?! ブハッ!!(爆)」



なんと、Yくんは、シングルのトイレットペーパーを

縦半分に裂いていたのでした(>_<)



トイレに長時間、陣取って、ひたむきな努力でしたが。



スタッフ、大爆笑してしまった挙げ句、

「半分残されても、困るから、Yくん、使って良いよ~っ」って

言っちゃった。。



そこ、まずは褒めるトコ、だったかも知れないですよね。
スポンサーサイト

カマダ日誌、再び☆

使えるようになったスキルは、使わなくちゃ!ってなもんで。

かまださんに指令送るヤマウチ。



律義に返ってくるトコロが、姉貴分の、かまださんです。



↓↓↓ 以下、かまださんのカマダ日誌です、どうぞ~(^^)



。。。。。。



最近、おしゃべりがとっても上手になった2歳2ヵ月のSくん。



「コレ、な~んだ?」と、いろいろなモノ、ヒトに興味津々で、

どんどん言葉が増えてますo(^-^)o



お歌も大好きSくんと、ある日のこと。



♪こぶた~

♪たぬき~

♪つくね~

♪ね~こ~

と、ご機嫌さんに歌ってます♪(*^ ・^)ノ⌒♪。



つられて、一緒に歌います。

かわりばんこ、かわりばんこに。。



Sくん…♪こぶた~

♪タヌキ~

Sくん…♪つくね~

♪ネ~コ~



軽快に掛け合いが続きます。



このあと、鳴き声?の歌詞へ。



Sくん…♪ぶぶぶ~

♪ポンポコポン~

Sくん…♪こ~んこん~

♪ニャ~オ



テンポよく、リズミカルに進みます。



そして、いつしか、Sくんとスタッフの順番が逆になり・・・



♪ブブブ~



Sくん…♪んっぽっぽん~(あれ!?ちょっと控え目。)

♪コーンコン



Sくん…♪にゃ~お!(自信満々☆)



何度か繰り返しますが、んっぽっぽん~は、小さめのお声(b^-゜)



そのうち、んっぽっぽん~のトコロに当たると。。



「・・・・・・~」



Sくん…♪こ~んこん(^-^)/



♪ニャ~オ(あれ!?、順番替わってる!!)



と、ぽんぽこぽん♪はスルーされちゃいました(笑)



翌日も、試みましたが・・・やはり聞けませんでした。。。



Sくん、また聞かせてねo(^-^)o



。。。。。。



2歳の子どもにも、プライドがあるって話?!



ありがとうございました☆

クリスマス会の予告?!

 着々と、クリスマスが近づいて来ています。

 サンタさん、毎年毎年、お忙しいですね☆



 12月のどこかで開催される、託児ルームの

 突発クリスマス会。

 

 今年もちゃーんと準備してますよ(^^)

 珍しく、ケーキを事前に予約したので、

 日にちは確定してるのですが。

 

 さあ、どの子の予約が、ビンゴするかな?



託児ルームの飾り付けも、日々、クリスマス仕様になっています。



託児ルーム名物(?)、斜めになった、クリスマスツリーは

昨日の夕方、8歳のKちゃん率いる子ども集団が

セロハンテープで自主的に補修してくれてました!! ありがと!!



そして、今年のクリスマスリースは、Kくん・5歳11ヶ月の力作です。

リース以外にも、たくさんの壁飾りが出来上がっていて

出番を待っています。 クリスマス会が、楽しみだね☆☆☆



Kくんは、今、折り紙に、ハマっているそうで。



先日の朝から夕方までのご利用では

ほとんどの時間、ウキウキと、折り紙を折っていました。

クリスマスリースは、スタッフからのリクエストです(^-^)



趣味に懸ける集中力って、大人も子どもも、スゴイですよね!!

可愛い人気者♪

「先生、女の子みたいな男の子、どこ行った?」



最近、男の子も女の子も、みんなが仲良くなりたいと思う

人気者が出現しました。



小学1年生のRくんです☆ はい、拍手~☆



初対面、確かに、女の子?!と思いました。

髪型のせいかな? お顔も可愛らしいのですが。



でも、可愛いから人気者、なのではなくて。



Rくん、不思議な少年なのです。

誰とでも、屈託なく、仲良しさんになれる!



初回時には、Sちゃん・6歳と恋人同士のように仲睦まじくて

「女の子と気が合うのかな~」と思っていたのですが。



次の時には、年上の男の子とガッツリ激しく、あそんでいたし。

先日は、年上の女の子と、年下の男の子と、グループだったし。

その時、その時で、めっちゃ、臨機応変。



観察してみましたよ、Rくん。



「家族ごっこ、したいんだけどな~」

「うん、いいよ、やろっか!」



「ブランコ、2人乗り、したいな~」

「うん、いいよ、どうぞ!」



気が良い。 常に笑顔。 行動早い。 本心から楽しそう。



つまり、良い子なんだ(>_<)



でも、どこか控え目だから、名前を覚えてもらえないんだね。

「女の子みたいな男の子」って、本人、どう思うのでしょう・・・。



市内在住ではないので、そんな毎日毎日、

来てもらえる訳ではないのですが。



「先生、次、あの子、いつ来る?! 決まったら、電話で教えてな!!」



って、一方的に、口約束していく子どもたちが増えて。。



ホントに電話したら、親御さん、ビックリ仰天だろう とか

ホントに教えたら、個人情報流出だろう とか



悩む(。_。) 託児日誌で、Rくんの予約を公表しちゃう?! 



そんなこんなで、Rくん、またのご利用、お待ちしております♪

greenの原点。

先日、「ただいま~それぞれの居場所」という

ドキュメンタリー映画の上映会&ミニ講演会に行ってきました。



茨木市って、流しのタクシー(天の助け)が、少ないみたいで。

夕闇で、迷子になって、もうホント、どうしようかと思いました。。

駅から500mの会場に辿り着けないヤマウチ・・・。



映画自体は、介護保険制度の枠から零れてしまう人たちのために

制度に乗らない事業所を立ち上げた人たちのストーリーで。

http://www.tadaima2010.com/index.html



講演会は、「宅(託)老所の魅力」について。



greenは、元々、託老所から始まっているので。

スタッフにさえ、忘れ去られていますが、託児託老所なワケで。



託老の利用の有無にかかわらず

その理念は、やっぱり、託老所を基本とした

小規模多機能ケアにあるのだろう、と。



ちょっと、根本的なコトの勉強(見直し?)に行ってきました。



結果的には、今のgreenをどうこうしなければ、ではなくて。

開業当初の、ためいけさんのがむしゃらぶりが、懐かしくなったくらいで。



何とか、出来る限りのご依頼に応えるために

託児で預かった赤ちゃんをおんぶして、高齢者の派遣に行ったりとか。

・・・いっぱいあるけど、ここから先は、オフレコ??



あれ、、、お金いただいてるのに、それは良いのか?!と思うことも

あった気がしてきた・・・(。_。)



でも、ためいけさんだから。

「自分の家族さえ良ければ」じゃなくて

スタッフも、利用者も、greenにかかわるすべての人で、

「持ちつ持たれつ」の「お互いさま」の関係をつくること、納得しちゃってたなあ。。



スタッフが増えて、システムもカチッとしてきて。

無謀なことをする機会自体が、なくなってきているとは、思いますが。

生命を預かっているので、無理はしない!に限るのですが。



気持ちだけは、いつまでも、こんな感じだったら、幸せだと思います。



でも、帰ってきたら、ためいけさんが

「託老、無いし、お店の名前から、託老、外そうか?」と言いました。



そんな簡単な話?!

のうとみマジック。

実物に会った!というより

スタッフ紹介で見た!という方が、遥かに多いと思いますが。



のうとみさんというスタッフが、居るのです。 少し前から。



スタッフの評価に厳しい(?)、greenっ子のSちゃん・6歳に



「あの人、良かった! めっちゃ優しかった!!」



と、絶賛されるほど、ステキな方なのですが。



何やら、変なジンクスをつくってしまったのです。

勝手に、生まれたとも、言いますか。。



のうとみさんの勤務時間には、予約が入らない?!



元々、月に1~2度、午前中だけとか、

短時間での勤務をお願いしているのですが(レアキャラ?)。



誰にシフトを公表している訳でもないのに

その日に限って、予約が、1人。 多くて、2人。



午後からは、予約がいっぱいで、人手不足だったり

前日と次の日は、予約が溢れていたり、するにもかかわらず。



のうとみさん・・・何のマジックですか??



そして、今日、遂に、午前中だけ謀ったように、予約がゼロで。

(昨日まで、スタッフのやりくりに奔走していたのに・・・)

のうとみさん、お休みです。

あ~あ、今年最後の勤務日だったのに(-_-)



のうとみさん自身は、気にされてないと、信じていますが。

かまださんと2人、「のうとみマジックが完成した・・・」と

そこそこ失礼な会話をするヤマウチ@シフト調整係です。



ヤマウチとしましては、癒しの、のうとみさんに

もっとたくさん、子どもたちとかかわってもらいたいのですが~!!



来年に期待です。 ・・・・・・勤務日を増やしてみるかも? 

必要性に迫られて、スキルアップし続ける所存であります?

こんにちは。

数日、間が空きました。

こんな辺境のブログ(?)を日課でチェックしてくださっている皆さま

ありがとうございます。 



連続更新に力尽きた訳ではなく、

先日までが、書き溜めたモノの予約投稿だっただけです。



ちょっと新しいスキルを獲得したので、使ってみたかった(笑)

でも、機械音痴なので、ブログを消滅させそうになって、危なかった(!)



スキルと言えば、保育にも、スキルがあって。



保育所等で扱(しご)かれた経験のないヤマウチは、

今でも常に、学びの姿勢です。 経験値、低~~~~~~~(泣)

green歴は、長いんですけどねぇ。。



最近の日曜日は、大のベテランである、なかむらさんから

おおっぴらに、スキルを盗もうと画策中です。 みつめてます、なかむらさん!



あそびのヴァリエーションとか、子どもに接する時のチェックポイントとか、

頭の中に、どんなふうに、収納されているのかは、見れませんが。



なかむらさんの引き出しは、的確で有能です。 整理整頓~☆



新しい子どもが、どんどん増える、日曜日の託児ルームでは、

尻込みする子も、必ず、居て。

すぐに、誰とでも打ち解けられる子ばかりじゃなくて。



そんな時に、ひとりひとりの興味や年齢から、あそびを弾き出して。

あそびを媒介に、子ども同士を仲良くさせちゃうのが、なかむらさんです。

無理強いをしないトコロが、また、素晴らしい。。



あやとりとか、おはじきとか、紙と鉛筆だけ使う単純なゲームとか。

決して、ヤマウチが知らないような、珍しいモノではないのです。

それが、タイミングと声かけで、とっても楽しい時間を生み出すのよ!!



私も、なかむらさんに、あそんでほしいわ(^_^)



ちょっと前までのgreenは、子どもが少ない時の方が、普通で。

スタッフと子どものかかわりを、いの一番に、考えていたような気がしますが。



子どもが増えて、子どもの集団をどんなふうに見守り、育てていくのか、

また、新しい課題が出てきたな~と思っているトコロです。

初心忘れず、日々、変化。



あ、ちなみに。

なかむらさんから盗みたいスキルに、子どもの寝かせ付け等も

ありまして。



ヤマウチ、抱っこで寝ている(寝かけている)子どもを

布団に降ろすのが、苦手みたいなんですよね。。

今まで、その必要性をあんまり感じてなかったので、知らなかったです。

(寝ている子どもを、ずっと抱っこしているのも、好きなんだあ!!)



でも、やっぱり、布団の方が、カラダは休まるんですよ、子どもちゃん。

他の子どもたちのために、手を空けなきゃならない状況もあるんですよ。



「さっと置いて、とんとんですよ。」 「うつぶせの方が寝易いですよ。」

なかむらさんから、保育士にとっては超初心者向けのアドバイスをもらいつつ

修行中~

そして、大抵、「代わりましょうか?」と言われます(-_-)むむむ。

た~まごたまごが♪

 ヤマウチは、とにかく、子どもたちの喜ぶ

 隠れた小ネタを仕込むのが、楽しいのです。



 だから、スタッフ陣の気苦労が増える訳ですが。



 今年の4月に、ある少女のお誕生日会と称して

 子どもたちと、某有名処のアイスを食べたのですが。

 (突発イベントも趣味です、ハイ。)



 その時に、カップの代わりになっていた

 色とりどりの、可愛いプラスティックのたまご。



半年以上、ず~~~~~~~~~~~~~~っと

何に使おうか、考えていて(←こういうのが論文の息抜きなんですよ(汗っ))。



先日、ようやく、たまごにぴったりサイズの、丸いぬいぐるみを発見☆



動物の種類がいっぱいあったので、厳選に厳選を重ねて、このチョイス。

と思ったら、1匹、多くて。

今度は、お家を探して、イタチごっこです…たまごは期間限定商品だった…。



「あ、たまご!」

見つけた子どもたちが、6個、順番に開けていって。

小さい子は、もちろん、スタッフに開けてもらって。

こういうの、全部、開けるのが、醍醐味ですよね~~(^_^;



可愛い~って、眼を輝かせるのを眺めて、満足なヤマウチですが。



1回1回、たまごの色とぬいぐるみを合わせて、閉めて回るスタッフ陣の

顔が曇っていくのは、見ないフリです! 感謝してます!!

3本の鍵。

 基本的には、木のおもちゃであそぶ

 託児ルームですが。



 子どもの好みそうなもので

 喜ばせたい!という思いだってあるし。



 初めて来た子どもにとって

 とっかかりの良さは大事だ!と思うし。



 常連の子どもたちの目新しさも

 やっぱり、考えてあげたいし(>_<)



そんなわけで。



今夏は、3本の鍵が、託児ルームに登場しました。

一応、「宝探しゲーム」を想定しているんですよ。

すぐ、見つかってしまいますけど。



手のひらサイズの、この鍵。

女の子はモチロン、男の子も、持つだけで嬉しいみたいです。

キラキラしてるからね☆



でも、こういうグッズ、おもちゃ屋さんでは、なかなか、

手に入らないんです(。_。) めちゃくちゃ高価だったりして。



これは、元々、鍵型ボールペンのキーホルダーで。

女子高生で賑わうファンシーショップで見つけたモノです。



三十路になったヤマウチには、勇気の要る、買い付けでした。。



何でも口に入れる赤ちゃんへの安全性とかも考えるので

どれもこれも、という訳には、いかないのですが。

街に出ると、無意識に、あれこれ探し求めている自分がいます(笑)



勇気の鍵と、愛の鍵と、希望の鍵という設定も考えましたが

どれがどれだか、スタッフ陣は覚えてくれません。 なんでかな?



でも、細々したおもちゃが増えるコトに目を瞑って、

きちんと管理してくれる、良い人たちです。 だからかな?  

(気苦労ばかり増やしてゴメンナサイ・・・・・・ほほほ)

真実は、ゴミ処理場の中。

件の新しいロディが、無事に届きました。

画像がないのですが、有名なロバ?の乗り物です。



もちろん、黄色です。 けど。

今は、カラーヴァリエーションも豊富なんですね~!



この狭い託児ルームで、この不安定なロディは

少々、危険なおもちゃに分類されるので

どう頑張っても、1頭しか、置けないんですけれども。



うじゃうじゃ居ても、可愛いかもしれない(^~^)



さて。



購入したのは、「黄色に、黒目」のロディだったのですが。



注文した後に、「黄色に、青目」のロディも居るコトが判明して。



スタッフ一同 「今までのって、どっちだったっけ?!」



7年以上、そばに居たのに、全く思い出せず。

でも、新しいロディに、全く違和感がなかったので。



スタッフ一同 「きっと、前も、黒目だったんだよ。」



大人が、自分たちを納得させようとしていた、矢先。



子どもたち 「ロディ、目の色、変わったなあ!」



ロディ自体が新しくなったコトには、気が付かないのに。

核心には、触れてくる、子どもたち。



子どもたちが、そう言うなら、間違いないのでしょう。。



大人の記憶力が、当てにならないモノだという事実を

突き付けられたのでした(泣)



しかし、証拠写真のひとつも、残ってないのですよ。

どなたか、覚えてらっしゃいませんか? ロディの目の色。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。