スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的な彼女のひっかかり。

Sちゃん・4歳7ヶ月の驚くべき特技。



12歳=小学6年生

 :

14歳=中学2年生

 :

16歳=高校1年生



こんな図式が、頭の中に出来上がっていて

すらすら出てくること。



家族ごっこをする時、全員に、年齢設定があるんです。



自分の役ドコロとしては、

小学6年生のお姉ちゃんが、お気に入り。



さて、そんな彼女は、某幼稚園の年中さんですが。



今日、送迎の時に、密かな疑問を打ち明けてくれたんです。



「幼稚園の園バス、色は全部、黄色なのに

   赤バス・青バス・緑バスって呼ぶんだよ。」




「そうかあ…黄バスはないの?」 「あるに決まってるじゃない。」

スタッフの気の利かない返しによって、会話は終了しましたけど。



それはたしかに、まったくもって不条理だね!



園バスの名前を決める時に、園児や保護者から

こんな疑問が出る可能性は、検討されなかったのかしら。。



教えて、園長先生(^_^;
スポンサーサイト

すなわち無心であそぶことに癒し効果があるという結論。

 「DSないの~?」

 「なんで、木ばっかりやねん!」



 大きいさんたちの不満は

 ごもっともだと思うこともあるけれど。



 刺激過多な時代に生きる子どもたち

 時間に追われる子どもたち

 

 ひとつくらい、こんな場所があっても

 良いんじゃないですか?



4月って、心機一転、パワー漲るイメージと裏腹に。

心もカラダも、なんかしっくりこなくて、不安定になりますよね。



大きな環境の変化に、戸惑う子どもたちも多いはず。



子どもたちの“つまんない”発言からこっち、

託児ルーム改造計画が、着々と進行していますが。



やっぱり、こんな答えしか、出せませんでした。



「もっともっと、あそび込める空間にしよう!!」



音が出たり、光が出たり、そんなおもちゃは、少ないけど。



ひたすら、とことん、じっくり、自由に、好きなだけ、いつでも、、、

そんなあそび方だったら、きっと出来ると思う。

(そのための知恵の輪が、ヤマウチを苦しめているのですが)



手と時間をかけて、子どもたちを育てたいと思う。



ちょっと、子どもの心がささくれてるな。

そう思った時には、託児ルームでひとやすみしませんか。

春休みのご褒美 ③

 見返りがないと、やってらんない!って

 性格でもないのですが。



 春、K&Kファミリー様にいただいた

 チューリップが花開くと。

 

 和みます。

 ご褒美をいただいた気分です。



 そして、また1年、子どもたちの幸せと

 健やかな成長を願います。



このチューリップ、咲き誇るというか、咲き乱れるというか。

ビニール紐で押さえて、何とか、この状態ですが。



毎年、奔放に伸び過ぎて、前のめりに倒れてくるのです。

おかしい・・・チューリップのイメージと違う・・・(。_。)



どなたか、チューリップを美しく咲かせる方法をご伝授ください!



あ、にしかたさん(園芸部&生き物係)が、調べてくれるって。

パンの名前は、ワッサン。

みやたせんせいのフェルトパンが大人気です。



一番人気は、パンダパンですが。

食パンを見て、「顔がないよ?」と、騒ぐ子どもが目立ちます。

「ああ、食パンマンと同じ形だもんね。」と、納得の早いスタッフ陣。



「このパン、知ってるよ!」

メロンパン、チョココロネ、アンパン、クリームパン etc.

子どもたちの純粋な得意顔は可愛いです~。

最近の子どもは物知りですよね!



「このパンも知ってるよ! え~とえ~と、、、」

なかなか思い出せないらしいKくん・4歳6ヶ月に助け舟。



スタッフ 「(小声で)クロワッサンだよ。」



Kくん 「! はい、Hくん、クロワッサンシロワッサンですよ。」



双子の弟に、得意気に教えてあげる、Kくん。



・・・・・・(^-^)



4歳も後半になると、言葉の成り立ちを考えたりするんだな~。

妙に感心してしまうのですが。



なんだ、シロワッサンて。



同じ形で、色の黒いのと白いのがあるから、黒い方がクロワッサン。

正解じゃないけど、頭使ってるから、まあ、いっか(笑)

春休みのご褒美 ②

 ここ数ヶ月で、また

 わらわらっとスタッフが増えてます。

 (スタッフ紹介だけ見ると、大企業っぽい)



 休職していたスタッフが復帰してくれたり

 スタッフからの紹介だったり、身内だったり。



 greenに、子どもたちに、家族に

 かかわってくれる人が増えて。

 

 嬉しい賑やかさです。



一方で、スタッフ個々人の持ち味を活かしながら、フォローし合いながら

greenとしてのまとまり(雰囲気みたいなもの?)を

どうやってつくっていくのか、

もわ~っとした悩みも出てきそうな予感です。 現在進行形?



保育者ひとりひとりの専門性の高さや、質の良いおもちゃも大切ですが。



ためいけさんを中心に育まれている?織り成されている?

ふんわりした人間関係が何より、greenの武器ではないかと。

これは託児日誌に書くことなのか?と思いつつ

今、何をすべきなのか、日々、脳みそを使っています。



昨日、購入した知恵の輪が、ヤマウチの脳みそを疲弊させたので

今日は、あんまりモノを考えたくないのですが。

ああ、でも、今日はカンファレンスがあるんだった・・・。



さて、だらだらと続いていますが。



春休みのご褒美として、書きたかったのは、これです!!



みやたせんせい手づくりのフェルトパン。(画像参照)



忙しくて、殺伐としそうな日々に、ポンと手渡された贈り物。



なんて素晴らしい!!

お裁縫の苦手なヤマウチにとっては、魔法としか思えない

美味しそうなパンの数々。



子どもたちが、おもむろに、パン屋さんごっこを始めて。

本当に、お腹が空いてきちゃうよね(^_^)



みやたせんせい、次のシリーズも楽しみにしてますね☆ 

春休みのご褒美 ①

 これまでで、一番、反響があったのが。

 昨年12月の「たまご」の話です。



 たまごのカップに、ぬいぐるみ。

 

 たくさんの親御さんが、託児ルームの実物を見て

 「これか~!」と、反応&納得してくださって。

 託児日誌の読者が、案外、多いコトに気が付きました。

 

 いつも読んでいただいて、ありがとうございます。

 (2011/12/10 『た~まごたまごが♪』参照)



さて、今回の繁忙期。

スタッフ陣の体調不良が相次いで、そのカバーにも忙しかったヤマウチ。



寝る時間を削ってまで働けるヒトを尊敬するけれど。

子どもたちの安全のためには、集中力を切らさないコトが、最優先で。

だから、元々、体力に不安のあるヤマウチにとっては

寝不足にならないコトも仕事のうちなんです。 



仕事→睡眠→仕事→睡眠・・・ 仕事終えたら30分以内に熟睡モード

それだけの春になりました。

充実してるけど、託児ルームから出ないから、桜が見られないんですよね(惜) 

 

そんなワタクシめに、さきちゃん(3歳)から、春の便り。



パールピンクのたまご。



そう、ヤマウチの凡ミスで、長い間、ひとつ足りなかった、きつねさんのお家。

春にしか手に入らない、某アイスショップのイースター限定商品。



わざわざ、買いに行って、届けてくださったの、さきちゃん親子さま。



ありがとうございます!!!



 ← 他よりピカピカの新居に、得意気な、きつねさん。



 良かったね。



 繁忙期が終わったら、しばらく部屋に籠もって、

 趣味の読書をして良いよ、と、ためいけさん。



 本読んで、新しいおもちゃ揃えて、モチベーション充電して。 

  

 また、楽しい託児ルームで、子どもたちを迎えましょう♪♪

ちょっと死活問題な勘違い?!

 ご無沙汰しておりました。

 

 昨夜22時をもって、繁忙期から脱出した

 託児ルームです。 ぷしゅ~っ(←ヤマウチの気)



 今日の託児利用は、おひとりさまのみ。

 この落差が、greenならでは、ですよね!



 朝から、溜まった洗濯物をやっつけたり

 掃除したり、園芸したり、事務仕事したりして

 ようやく託児日誌にまで辿り着きました。



復帰第1弾に、縁起でもない、笑い話を。



「ほぼ年中無休」なんて不真面目な表現を真面目に掲げるgreen。

ほぼなだけあって、たまに、臨時休業しているので。



来月、5月25日(金)、17:00で閉店なんです。

(ご利用予定だった皆さまには、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません)



その貼り紙をご覧になった、とある利用者の方の反応。



「え?! 閉店するんですかっっ?!」



25日をもちまして、閉店させていただきます。

長らくのご愛顧・・・



って、書いてあるとばかり、思ったんだそうです。



NO! NO! NO!



たった1日、営業時間を5時間短縮するつもりが

なんておおごとに(。_。)



お騒がせして申し訳ありませんでした。



ちなみに、greenが潰れて路頭に迷うのは

経営者である、ためいけさんではなく、ヤマウチなんですって。



そんな理不尽な。



引く手あまたのベテラン看護師は、職に困らないけど。

託児所勤務が職歴にカウントされない保育業界では、

ヤマウチの行き場はないらしい。 あらまあ大変。



極めつけに、保育所勤務経験のあるスタッフ陣曰く。

 「ヤマウチさんは、保育所保育士に向いてないからねえ。」



greenが閉店する時には、

blueかredを立ち上げるしかないデスね☆



(どうか笑い話で済みますように。。)           おしまい。

 


検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。