スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃ先生、おもちゃを語る。

 託児ルームの中でも、お気に入りの絵本。

 

 五味太郎さんの屏風絵本。

 広げると4mを超える、厚紙の本。

 (最近、千切れてしまっているけども・泣)



 子どもたちが、自分の家をつくって

 あそびます。

 お風呂になったり、電車になったり。

 

 スタッフでも、勝手には入れません。



1冊、7,000~8,000円もする、この絵本(>_<)



ためいけさんが、仕事先の方から、譲ってもらってきた時には。

「でかした!!」と、ガッツポーズをしたものです。



五味太郎さんの、丁寧に描き込まれる作風が、更にステキ。



 <おもちゃのこまーむ>さんの

 Tuminy(ツミニー)という

 トラック&積み荷のおもちゃとコラボして。



  「八百屋さんに、お届けもので~す」



 これは楽しい♪



 シンプル一辺倒なのに、ちょこっとした

 仕掛けのある、Tuminyなので。



小学生でも、「おっ!」と思うらしく、近頃、人気です。

さて、一体、どんな仕掛けがあるでしょう?



ヒント : 画像には映っていない、秘密アイテムが?!



<おもちゃのこまーむ> http://www.comaam.com/ 

三条商店街に、提携ショップがあったりして。

スポンサーサイト

羽化。

 今、5歳3ヶ月のMちゃんが

 初めてgreenに来た日を覚えている。



 去年の10月、Mちゃん・4歳。

 「保育園でも、ほとんど喋らないんです。」

 親御さんの心配がよく分かった。



 特定のスタッフにしか、近寄らず。

 子ども同士であそぶのを嫌がる。



 かかわりの希薄な、不思議な女の子。



Mちゃんが、初めてお友だちとあそんだ日。

寒い冬の真ん中。



根っからgreenっ子のTくん(当時3歳10ヶ月くらい)が

なんの先入観もなく、当たり前に、いつもみたいに、誘った。



Tくん 「一緒に、魚釣りしよ~!」



有無を言わせない、お友だち大好きなTくんならでは。

画像は、その時の記念写真。

Mちゃんも、釣り竿、持っているね!



それから徐々に、お友だちとあそび始めた、Mちゃん。

託児ルームにもスタッフにも慣れてきたんだと思う。



初めて、名前で呼び合ったのは、greenの姫、Bちゃん。

同じ年齢同士、2人の世界で、一日あそんで。

はしゃいだ大きな声を、その姿を、ビデオに撮りたいと思った。



ねえ、Mちゃん、なんか変わったよね。



最近の週末の託児ルーム。

一番、声が出ている(叫んでいる)のは、Mちゃん。

自分の欲求をどんどん出してくれる。

その成長っぷりに、スタッフ一同、胸が締め付けられてるわ。



だから、スタッフを「おっさん!」と呼ぶのは止めて(泣)

ちょっと、羽目を外し気味の、Mちゃんです。

夏休みのご褒美。

 春休みのご褒美も

 たくさん、もらったんですけど。



 夏休みのご褒美もあって。

 

 みやたさんが作ってくれた

 フェルトのクッキーとドーナツ、

 TVで撮り溜めてくれた

 アニメのDVD、凄いラベル付き!

 

 みやたさんの手先、器用過ぎ(>_<)



スタッフから、利用者の皆様から、形のあるモノ、形のないモノ、

い~~~~っぱい、もらって、幸せです。

私、ちゃんと何かを返せているんでしょうか??



夏休みに頑張らせ過ぎた、かまださんが、今まだ、療養中で。

そんな采配をした自分に反省しきり。。

ゆっくり休んで・・・あ~やっぱり、早く元気になってください!!



そして、秋、また皆で頑張っていきたいと思います(^-^)

ルーム責任者の悩み。

 悩まされています(-_-)



 どこにあるのか突き止められない

 ブラックホールの存在に。。



 託児ルームのおもちゃや絵本は

 ほとんどが、スタッフの持ち寄りで。

 手づくりのモノもたくさんあります。



 それは、子どもたちの笑顔を

 見たいがための、純粋な奉仕。



でも、楽しくあそんでくれて、大切にしてくれるからこそ

報われるのであって・・・。



最近、みやたさんや、ためいけさんの親友さんが作ってくれた

フェルトのパンやケーキを中心に、ぬいぐるみや何やら

ごっそり、紛失しまして。



隅々まで、何日も探したけど、もう分からなくて。



たまたま、子どもたちのポケットや鞄に入り込んでしまった

おもちゃは、親御さんからの連絡で、いつかは戻って来るのですが。



今回ばかりは、お手上げ

子どもたちが隠して持ち帰れる量じゃないし!!

私、間違って、ゴミ箱に捨ててしまったんやろか(。_。)



あんまり凹んでいたので、みやたさんがせっせと

クッキーシリーズと、ドーナツシリーズを作ってくれて。



嬉しいのに、ちゃんと大切に出来るのか、自信がないよ~(泣)


ままごとの覇者 HASHIMOTO☆

 少し前に、ホームページのスタッフ紹介を

 プチ☆リニューアルして。



 その関係で、スタッフそれぞれの

 「子どもとのかかわりで好きなコト」を

 教えてもらったのですが。



 はしもとさんの好きなあそびが

 「ままごと」で。

 どのくらい、好きなんだろうと

 ちょっと観察してみました。



まあ、見事に毎回、「ままごと」であそんでましたわ(^_^;



女の子は、元々、ごっこあそびが好きですし

ノリの良い、はしもとさんが加われば、託児ルーム全体が

ままごとワールドに早変わり。



赤ちゃんのお世話も、人間関係も、社会のルールも

色々、盛り込まれて、親も納得の、素敵な空間ですよ!!



はしもとさんと夢中であそんでいる時の

子どもたちを眺めるのが好きなヤマウチです。



はしもとさんが秀逸なのは。

男の子ばっかりでも、「ままごと」が盛り上がるトコロ。



今朝も、3歳・4歳・5歳の男の子組が

団子のように固まって、レストランごっこをしています。

一番真剣なのは、はしもとさんですね、さすが!



次は、どのスタッフを観察しようかな~嫌がるだろな~(笑)

 


病児さんとの過ごし方。

 高熱だろうと、小さい病児さんは、よくあそびますが。

 

 小学生も中学年になると、ホントにしんどい時しか

 病児サービスを利用することにはならないので。 

 病児ルームで、ぐったり寝ている子も多いです。

 

 小学生高学年や中学生の子どもたちを

 受け入れているgreenの病児ルームには

 「寝る」ための大人用布団も常備されています。

          

 話し掛けるのも憚られて、静かに過ごします。



小学3年生のKちゃん、朝は、そんな大きい病児さんの典型でしたが。

やっぱり、若い子(!)は回復力があるので。



昼過ぎ、いきなり、ケロッと元気になって。

顔色と食欲が、別人のよう・・・?!



あそび始めました。



今日の力作は、花はじきバーガー♪ オセロの腕前も元通り♪♪



寝ている子の見守りの方が、仕事として楽だと思うんですが(←おい)

スタッフ陣は皆、子どもたちの笑顔を見れて、一緒にあそべる方が

何倍も良いって言います。 なるほど。



みんなみんな、早く元気になあれ(^~^)

1歳児の健気な努力。

 託児ルームは、持ち込みOKなので。



 おもちゃやら、宝物やら、夏休みの宿題やら

 思い思いに持ってくる子どもたち。



 道端の石ころも、雑草も、花も、良いけど。

 虫はや~め~て~~(>_<)



 昨日は、3歳7ヶ月のYくんが持ってきた

 スーパーボールが跳ねて。

 スタッフ&子ども、総動員での大捜索。



子どもに自己管理を言っても始まらないんですけど、、、

見つかって良かったねえ。



おもちゃの持ち込みは、他の子どもたちを刺激します。



気前良く貸してあげるコトが条件の持ち込みなので

貸し借りで、大きな揉めゴトにはなりませんが。

機嫌を損ねず借りるために、子どもたち、頑張ってます(笑)



大きい子の精密なおもちゃ、小さい子が触ろうとするのは

スタッフの方が、ドキドキしてしまいますけど。

子ども同士のことなので、あんまり介入しない方が・・・?



先日、女の子たちが持ち込んだ、ベビーカーのおもちゃ。

1歳4ヶ月のHくんが、いの一番に目を付けて。



持ち主に「待ってね。」と言われたのを、癇癪起こさず、

待って待って待って、ようやく貸してもらって。



成長したな~、1歳児で40分待ち(某テーマパークみたい)。



そのあと、1時間、託児ルーム中をお散歩したHくん。

ベビーカーでのバックも、段差も、お手のものになって。



元は取ったね!



そういえば、託児ルームには、押し車的なおもちゃがない・・・。

残暑お見舞い、ホントに申し上げます?!

 いや、でもまだ、夏真っ盛りでしょ?



 昨日の積乱雲、見事に夏の風物詩で。

 何度も眺めてしまいました。



 greenのおつかいで、こどもみらい館へ。

 向日葵が、咲いていて。

 greenに広い園庭があったなら

 私はきっと、向日葵を育てていたと思う。



 子どもの世界のシンボルみたい。



最近、スタッフ間では、雨女か晴れ女か、という話題がホット。



先日のゲリラ豪雨の日に、同じ時間で派遣に出た

みやたさんとヤマウチ。



みやたさんは、ずぶ濡れになったそうなんですが

ヤマウチは、子どもちゃんの送迎が、たまたま、

風雨の弱くなるポイントポイントに当たったようで。

1時間ほど、外に居たのに、無事でした。



こんなエピソードが、頭に在ったものだから。



昨日、派遣の後に。

親御さんが、「降り出しそうだし、傘、お貸ししますよ。」と

言ってくださったのを「晴れ女ですから!」と固辞して。



「すごい自信ですね。」って、呆れられました。



ん~自分でも、そう思いました(-_-)



でも、学生時代、独り暮らしの4年間、傘を持ってなくて。

ほとんど困らなかったんですよ。



時に、雨の中を傘差さずに悠然と歩いてる奇人変人として

有名だったみたいですけど・・・。



若気の至り。



かまださんは「雨女ではない」とのことで、只今検証中です。

ボクのふるさと。

スタッフ 「夏休みは、どこか行くの?」



Rくん(小1) 「うん、おばあちゃんのところ!」



スタッフ 「へ~、おばあちゃん、どこに住んでるの?」



Rくん 「けっこう遠いところに住んでんで。」



スタッフ 「ん~、どこだろ?」



Rくん 「ボクのふるさとらへんに住んでる!!」



おばあちゃんがいるから、ふるさと。

誤解だったの親子詐欺。

お盆は、ご利用やお問い合わせが途絶えないながらも

少人数で落ち着いた日々を過ごしました。



盆も正月も関係なく働く皆さま、本当にお疲れ様です。



さて、そんな託児ルームに不穏な話題・・・?



年に数度、東京から訪れてくれるYくんは

東京を感じさせない純朴な雰囲気の持ち主で。

よくあそぶし、おしゃべりも楽しいので。



スタッフ陣、Yくんの来訪を心待ちにしているのですが。



しばらく見ないうちに、どんどん背が伸びて。



やまもとさん 「久し振り~え~いくつになったん?」

Yくん 「6歳! 小学1年生!!」



greenに来るのをとても楽しみにしていてくれたYくん、

この日も半日、しっかりあそんで、さて・・・



やまもとさん 「あ、もうすぐお迎えやし、領収書・・・あれ?」



Yくんの生年月日を確認、平成18年4月、間違いなく6歳。

でも。



やまもとさん 「小学生ちゃうやんっっ!!!」



お迎えに来た親御さんに確認したトコロ。

「あ、今日は、小学1年生っていう設定だったんだと思います。」



子どもって。。



この話を、やまもとさんから伝え聞いたスタッフ陣の反応。



あー親御さんが「1年生って言うのよ」って指示してたら

利用料金のチョロマカシでしたね~1時間50円安くなるし(笑)



Yくん親子さま、失礼な想像、ごめんなさい! 面白かったです!



またお待ちしてますので(^-^)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。