スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8歳のお誕生日。

 この度、皆さまのおかげで

 greenと共に、8周年を迎えるコトが

 出来ました。



 ホントにぜ~んぶ、皆さまのおかげです。

 ためいけさん、利用者の皆さま、子どもたち、

 スタッフの皆さん、応援してくださる皆さま。



 出逢った1人1人、積み重ねた1日1日、、、

 ひとつ欠けても

 きっと、こんなふうになれなかった。



心から、「ありがとう」の気持ちをお届けしたいと思います。



ふわふわふわふわ。。

どれだけ託児日誌を読み返してみても

夢うつつのごとく、つかみどころのない日常ですが、、、



子どもたちと、毎日を幸せに生きています。



何のしがらみもなく、

(ためいけさんの顔色くらい見るべきか・・・)

ご家族それぞれの必要性に応じて

専門性を発揮出来る、恵まれた環境にあって。



頑張れなかったら、嘘でしょう?



過去最多のスタッフ数で迎える、9年め。

ためいけさんと一緒に、どこまで歩んでいけるのか?

(ひとりだけ迷子とかにならないようにしないと!)



いつでも、誰かのお役に立てる人生でありますように。



心あったかく、懐の大きな人間になれるよう、

日々、精進して参りたいと思います。



理想だけは、果てしなく高いのですよ~。



ゆるやかにゆるやかに、ご家族とかかわりながら。

子育て支援制度のほんの小さな隙間もなくなって。

greenが、静かに、その役目を終える日まで。



これからも、どうぞよろしくお願いいたします。



2012年9月22日

                         保育士 山内絵美
スポンサーサイト

創意工夫する楽しみ。と、弟のまなざし。

 先日、紹介させていただいた屏風絵本。



 この土曜日には

 コースの役割を果たしていましたよ。



 スタッフのやまもとさんのご主人が

 「もういいよ。」と

 託児ルームに寄贈してくださった

 トミカコレクション。

 何台か、プルバック式ミニカーも

 混ざっていて。



小学1年生のKくんが、ミニカー専用コースを開発しました。



 元々が凝り性の工作好きKくん。



 坂道の角度とか、助走距離とか

 実験を重ねて、綿密に作り上げます。



 坂道のてっぺんから、ミニカーが

 カッコ良く跳躍した時には、歓声モノでしたね!



 Kくんの良いトコロは、これを独り占めせず

 みんなに使わせてくれるトコロです。

 あそんでて壊れたのであれば、怒らないし。



小さい子どもたちに人気のKくんお兄ちゃん。

その後ろで、本当の弟であるTくん・4歳1ヶ月が嫉妬して

お兄ちゃんにちょっかい掛けては、泣かされています。 



不憫、、、。

鎮座まします我らが〇〇?!

 「何だろう、これは?」



 託児ルームの小人たち(体長5.5cm)は

 行く手に、大きくて黒光りする物体を

 みつけました。



 「ツヤツヤしてるけど・・・」



 あんまり大きいので

 なんだか、とっても、怖いのです。

 触ってみたいとも思いません。



 さあ、俯瞰してみましょう。



 何ですか、奇妙な表情ですが。

 これは“茄子”ですね。



 それも、今が旬の、米茄子です。



 でも、その大きさが、半端ありません。



 どのくらい大きいかと言うと、、、



どどどど~~~~~~~~~~~~ん!!!

 







人間の子どもの頭より、遥かに、おっきいのです。



子どもたちをビックリさせたくて

スタッフのお家のキッチンを抜け出してきた米茄子くん。

(匿名希望の粋なスタッフ、さて、誰でしょう?)



最近の子どもは、ちょっとやそっとじゃ、驚いてくれませんが。

2歳5ヶ月のTくんにKissしてもらって、満更でもありません。



米茄子くんは、言いました。

「皺くちゃになる前に、食べてくれ~。」



これで子どもたちの茄子嫌いが少しでも改善されますように。

あのね、そんな子どもが好きなのよ。

3歳2ヶ月のKくん、その気儘さが、なかなか…で。

かまださん曰く、「ひとつのあそびが30秒保たない子」。

ちょこまかちょこまか、すごいエネルギーなんです!



そして、口も立つから、ややこしい。



おやつの時間になっていないのに

託児ルームのお菓子棚を勝手に開けたので、、、



スタッフ 「こらこら、泥棒さんになっちゃうよ~!」



Kくん 「じゃあ、なんで、Kくんが開けられるようにしといたの?」



切り返されました。 3歳、怖い・・・(。_。)



 そんなKくん、

 「シルク・ドゥ・ソレイユ」の『KOOZA(クーザ)』が

 お気に入りだそうで。



 DVDとパンフレットを持参して、踊ります。

 振り付け、完璧!!



 と思ったら、託児ルームのブランコで

 空中ブランコのアクロバットを再現しようとして

 落ちかけました。



3歳、やっぱり、怖い・・・(。_。)



親御さんが「ちょっと、子どもから離れたい。」と、思う気持ちも

分からないでもありません。

24時間、一緒に居たら、気力も体力も、保たないですよね。



ところで、皆さん、「シルク・ドゥ・ソレイユ」『KOOZA』と聞いて

何の事だかすぐに分かりますか? (一言で言えばサーカスです)



Kくんのパフォーマンス中に、2歳8ヶ月のAちゃんがやって来て。

DVD、観るなり、、、



Aちゃん 「あ、クーザ?」

Kくん 「うん、そう、クーザ。」

Aちゃん 「良いね!」



え、マジ? 子どもの世界の一般常識なの?!



もう、子ども全部が、怖い・・・(。_。)

姫君の変貌。

 長野から、毎年、訪れてくれる

 白いドレスの姫君。

 (2009/09/26  『木の保育園』 参照)



 今年の再会が決まった時に

 “思い出フォルダ”を引っ掻き回して。



 見つけました!

 これが、託児ルームでの通称、

 『白いドレスの姫君』の元となった

 ベストショットです。



懐かしい。。 (このサイズなら、顔は分からない…ですよね?)



↓↓↓ この可憐な姫君の、3年後 ↓↓↓



 ケーキ、丸かじり(笑)



 面白いお姉ちゃんになりました。

 おしゃべり力もパワーアップです。

 

 誰とでも、すぐに仲良くなれる

 Hちゃん・5歳9ヶ月。

 どんなあそびでも、みんなと一緒に

 めいっぱい楽しもうとしてくれます。

 

 変わらないのは、弾けるような笑顔。

 

そして、優しさ。 小さい子に対する面倒見の良さ。 ノリの良さ。 



 Hちゃん 「そんなに食べたいなら、どうぞ!」



 スタッフ 「謹んで辞退させていただきます…」



 Hちゃんパワーで、楽しい2日間でした。

 

 来年は小学生だと言うのだから

 月日の経つのは、何と早いコトでしょう。 



 来年も、また、会えるかな?

 きっと、もっと素敵なお姉ちゃんになってるね☆ 

 


検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。