スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントの甘えん坊は、大きいさん。

パパとママのこと、大好きな子どもたち。

いつだって、甘えたいし、抱っこしてほしいもの。

それは、少しくらい大きくなったからって、変わらない。



それでも。

託児ルームに預けられる時は、パパもママも忙しいんだって

子どもちゃんなりに、分かっていて。



頑張って、とっても頑張って、来てくれているのです。

だから、子どもたちの甘えをスタッフが受け留めてあげたい。



分かってるんですけどね。。。



きっと、親御さんも予想外の、この現象。

(もしかしたら、いつものコトなのかも知れませんが)

大きいさんの抱っこ魔が、どれだけ、多いコトか?!



抱っこに、おんぶに、膝に座るし、飛び付いてくる!!

「赤ちゃん、置いといて、抱っこして」って、ハッキリ言う子どもちゃんも。



ためいけさんは、ちっちゃいけど ←不要な情報?

スタッフ陣の平均身長は、実は結構、高くて。



大きい順に、大きいさんの標的になります。

でもね、どれだけ力自慢でも、女性ですからね。



小さいさんの抱っこやお世話もしながら、

小学生がずっとぶら下がっているなんて、無理です~

たまになら可愛いけど、キリ(限度)がないの、大きいさん(>_<)



先日、6歳以上の子ども3人にタカられたスタッフが居て。

さすがに、止めに入りました、ヤマウチ。

子どもたちに、睨まれましたけども。 いやいやいや。



優しくて気が良いけど、ちょっと疲れたスタッフの宣言。

も~抱っこは5歳まで! 小学生は抱っこしません!!」



子どもたち 「Boo~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

他のスタッフ陣 「すごい! 5歳まで大丈夫なんですか?!」



宣言したばかりのスタッフ、「やっぱり、3歳まで!!」って

慌てて、言い直してましたね(^_^;



この宣言の効果、30分くらいしか、持たなかったんですが。



保育者の職業病、腰痛が蔓延したら、立ち行かなくなるから。

申し訳ないけど、手加減してね、大きいさん。



男性の、抱っこ要員(ボランティアで・・・)とか、募集したいです。



追記

こんなコトを書いていますが、大きいさんが素直に甘えてくれるのは

スタッフ陣にとって、とても嬉しいコトのようです。

腰が心配なだけ。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。